読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イライラに囚われるのではなく、気分を変えようとする。積極的に好きなことをする。

ここのところずっとイライラやモヤモヤで苦しく、身動きが取れなくなっていたのだけれど、ようやくここにきてイライラが消え、自分を取り戻せたように思う。 やはり大事なのは、自分の時間を持つことだ。 週末、気分を変えるために出かけた。出かけたといっ…

言葉にする練習

仕事が忙しく、ほとんど読書していないことに気づいた。 インプットが極端に少ないと、ブログを書きたいとかアウトプットしたいということもなくなるようだ。 つらつらと考え、いろいろと感じることはあるのだけれど、言葉が思うように出てこない。 考えたこ…

やりたい仕事があるなら、少しでも若いうちに…。

年をとると1から全く新しいことを覚え、それを仕事としてやるのは、本当にたいへんだ。体力的にも若い頃のようにはいかない。 やりたい仕事があるなら、少しでも若いうちにチャレンジしたほうがいい。私は30代でチャレンジしたのだけど、正直遅かったなあと。…

泣いても一生。笑っても一生。

泣いても一生。笑っても一生。 泣いても笑っても一生は過ぎてく。 それなら笑うほうを選んで、楽しく笑っていたい。 シリアスなのは基本的に苦手だ。子どもの頃からわりと自由奔放にしていて、仲のよい友達もいたけれど、ひとり遊びも好きだった。竹山を探検…

忙しいからこそ、改善、時間短縮、段取りよく。無駄なことを見つけ減らしていく。

仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。作者: 小西利行出版社/メーカー: かんき出版発売日: 2016/01/20メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る寝る前にその日あったことを書きとめておくようにしている。主に仕事のメモ…

砂丘で小山を作る日々に終止符を。

自分として納得できていないことが次々と出てきて、まあそこは曖昧になんとかやり過ごすのだけれど、それでもふと立ち止まって、これでいいのかなあ?と思ってしまう。 仕事をしていても日々のことについても、広大な砂丘で小さな小山を幾つも幾つも作ってい…

ブログが書けなくなるということ

仕事が忙しくて、そして面白くて、ブログが書けなくなっている。 今でも勿論書くことは好きだけれど、今は仕事のことで頭がいっぱいだ。これは断言できる。曖昧を好む私が断言するのだから、これは貴重だ。希少だ。四葉のクローバーレベルの断言かもしれない…

中途半端をやめて最後まで終わらせる人になる

終わらす技術 (Forest2545Shinsyo 42)作者: 野呂エイシロウ出版社/メーカー: フォレスト出版発売日: 2011/08/06メディア: 新書購入: 2人 クリック: 10回この商品を含むブログ (6件) を見る終わらす技術 Forest2545新書作者: 野呂エイシロウ出版社/メーカー: …

指示しすぎず突き放しすぎず

指示されたことだけをやるのは楽。考えないでいいから。しかしながら、上司や親が常に指示ばかりしていると部下や子どもは指示待ち人間になってしまう可能性は大だと思う。上司や親は自分の経験に照らし合わせて、つい先回り的に部下や子どもに指示する人は…

改善策を提案する際気をつけたいこと

とある本を読んでいて、「あ、これは仕事に応用できる!」と思うやり方を知りました。これまでの私にはなかった視点でした。 やはり本はあれこれ読んでみるものですね なかなか思うように進まず、改善したいと毎日のように思いつつできていなかったのですが…

人が育たないということ。自分で自分を育てるということ。

人がなかなか育たない業界というのは確かにあるなあと、昔を振り返りながら思ったわけで。 同期の人も思っていた仕事とちがったのか半年とか1年で辞めたりしてる。かなりあっさり。まあ、他にも会社はあるから、働きやすい職場を改めて探そうと思ったのかも…

プレッシャーに強くなりたい

今思っているのはプレッシャーに強くなりたいということ。 いろんな物事に対峙する前、妙にプレッシャーを感じてしまって、とても気持ちが重くなるときがある。終わったあとの解放感はまた言いようもないほど心地良いものなのだけれど、終わるまでのプレッシ…

文章を書くのが苦手になってきた

日本語や言葉が好きで、文章を書くのは苦にならなかったのだけれど、最近は「文章を書くのは苦手だ」と思うようになった。書くことの何が苦手かというと、適切な言葉を選んで簡潔に書くのが苦手だ。相手に伝わるようにわかりやすく書くのは本当に難しい。意…

読んだことがない作家、ジャンルの本を読む。

本はよく読むけれど、かなり偏っていて最近新鮮味がない。ここはひとつ、読んだことがない作家の本やジャンルに手を伸ばしてみようと思う。具体的には自伝物やノンフィクション、あとは歴史物だ。歴史物は特に日本史(江戸から幕末にかけて)。 問題はそれら…

更新頻度について思うこと

「村上さんのところ」 http://www.welluneednt.com このサイトが面白くて、ちょくちょく見ている。 内容が読んでいて面白いというのは勿論、適度に更新されているので見にいく(読みに行く)というのは理由としてある。(2015年3月末まで、更新・公開される…

前もっての準備は大事。でも臨機応変さも大事。

やる前に考えすぎて、ストレスを溜めてしまうことがある。慎重に失敗しないように、と対策のことばかり考えてしまう。対策を考えておくのは大事なことだ。前もっての準備は大事。準備しておいても、うまくいかない時もあるし、思わぬ流れになってしまうこと…

やりたいことを増やしすぎない

やりたいことが多すぎて、結局どれも中途半端になっている。あれもこれもそれもどれも、中途半端はモヤモヤが増すだけ。1日は24時間。そのうち睡眠時間も必須だし、やらないといけないことの時間もとらなきゃだし(食べたり入浴したりとか)、「やりたいこと…

考えすぎて動けないをなくす

考えすぎて動けなくなることがある。失敗したときの予防策みたいなものをずっとあれこれ考えて、結果動くのが遅くなり、後手後手に回ってしまう、そういうことがとても多い。考えすぎて時間がなくなったり。時間が足りなくなるのは精神的によくない。後回し…

テレビショッピング番組の喋りはすごい

いつも見ているわけではないのだけれど、たまたま見たテレビショッピング番組(30分とか1時間の番組)の喋りがすごくて、一言で言えば「説得力がある」ということになると思う。 まあ何かを買わせるためには納得しないと見ている人は買わないだろうし、その…

重要視するものが違うということ

こうして書くことを割と重要視する傾向が自分にあるように思っていたけれど、「書いたもの」については、それほど重要視してないんじゃないか、という気がしてきた。 その理由として、書いたものを「読み返す」ことが滅多にない。ほとんど書きっぱなしだ。「…

ニュースはどこまで信じていいのか

さまざまなニュースが流れてくるけれど、どこまで信じていいのか考えてしまう。 本当にそうなの?と。 でも自分で情報を収集するには限界があって、やはり誰かが発信したものを受信するのが手っ取り早くて、でもどこか作られたような感じもあって、いや、お…

簡潔に自分の意見を言えるようになるためにやること

毎日思ってます。 簡潔に自分の意見を言うのは難しい、と。 難しい、だからこそこうしてブログに書いて言えるようにするのは良い訓練になるのではないか、と。 チラ裏的なことでもいいのだけれど、私としてはある程度テーマにそってそのことについて簡潔に書…

もっと手を動かし体を動かそう

あることがきっかけで不安にかられ動けなくなりそうになったけれど、そういう時こそ手を動かし体を動かすべきだと思った。何もしないとその不安は増幅するばかりだ。 10年後20年後をやたらと不安がるのは時間の無駄だ。不安がっても何も変わらない。それより…

もっと手を動かし体を動かそう

あることがきっかけで不安にかられ動けなくなりそうになったけれど、そういう時こそ手を動かし体を動かすべきだと思った。何もしないとその不安は増幅するばかりだ。 10年後20年後をやたらと不安がるのは時間の無駄だ。不安がっても何も変わらない。それより…

好きだからがんばれる

仕事は好きですか? まあ仕事というものは大変だったりうまくいかなかったり、ストレスが溜まるものだったりするわけですが、私の場合続いているのは、やっぱり仕事が好きだからでしょう。逆に、嫌いになったら、辞めてしまうかもなわけですが、そう簡単に嫌…

軸を定めるということ

自分の軸という言葉が好きだ。 昔からそうなのだけれど、「私」という人は「ブレない人」に憧れている。 様々な矛盾が自分の中に混在して、いつもブレてばかりだから、ブレない人に憧れるのかもしれない。 多くの矛盾を抱えながら、どうにか倒れまいとしてき…

「運動したほうが体の中の疲労物質が処理されやすくなる」らしい

運動したほうが体の中の疲労物質が処理されやすくなる、夕方の運動は朝よりも効率が良いというのを本で読んだ。(本のタイトルは忘れてしまった) 筋肉を鍛えるような運動がなかなかできないので、意識して歩いくようにしよう、できるだけ階段を使うようにし…

アウトプットを増やしたい

読書といったインプットもしたいのだけれど、アウトプットも増やしたいと思っている。 具体的にはもっと文章を書きたい。人は忘れる生き物。 書いて残しておけばあとから読んで思い出すこともできる。 とある作家の本を最近買った。読みながら、ふと思った。…

好きなものを見つける楽しみ

また読みたいなあと思うブログを見つけた。面白いというか私の好みというか、そのブロガーのセンスが好きというか、要するに好きになってしまった。 昔の職場の上司から言われたことがあるけれど、私はこだわりがあって好きなものがハッキリしているらしい。…

その世界に入りこめないということ

今年は映画をたくさん見ようと思っているのだけれど、DVDで見ていて、どうしても入りこめない映画が出てくるのはなんでかな?と思うことがあったので書いてみる。 結論から書くと、これは個人の感覚の問題で、映画の作りが悪いとかそういうわけじゃない。感…

堅苦しく考えない

たいしたことは書いていないのだけれど、とりあえずなんとかこのブログは続いている。2007年11月から始めているのだけれど「え、まだ続いていたんですか。高3くらいのとき読んでいて、もう大学卒業して就職しましたよ。東京で働いてます」と読者の方からメッ…

今年の目標を改めて考えた。

今年の目標:平常心を保つ 具体的には慌てたり苛々することがないようにする。 落ち着いて平常心を忘れない。 平常心を忘れそうになったら、ゆっくり深呼吸する。 実際今落ち着いているのだけれど、これは山あり谷ありを経てやっと辿り着くことができた。 去…

言い方がきつい人について思ったこと

どうしてこの人はいつも言い方がきついのだろう?と思う人がいた。 本人もそれはわかっている様子。つっけんどんというか、突き放したというか、良く言えば竹をスパッと割ったような気持ちよさもあるのだけれど、切り口があまりに鋭すぎて、触ると切れそうで…

時間がないからできない!をやめる。

時間がないからできない!をやめようと思っている。 やらないといけないことは、決してなくならない。 仕事でも家事でもなんでもそうだけれど、私は時間がかかりすぎる。時間がかかりすぎるのは要領がよくないから。段取りが悪く、だらだらとしてしまう、一…

課題が見つかるということ。課題をクリアするということ。

毎日仕事をしていて、日々見つかる課題に笑顔でファイティングポーズをとっている自分がいる。 課題はトラブルの場合もあるけれど、それは何らかの原因があって起きたトラブルだから、原因を突き止めてトラブルを解消しなくてはならない。 課題が見つかった…

2015年の抱負

2015年の抱負というか、頑張りたいこと、やりたいことを書いてみようかな。 1.ブログに関すること 書くスピードをあげる 更新回数を増やす 一回の文章量は少なくても良いとする(長くても800〜1000字まで) ネタをストックする(毎日日記を書く。考えたこと…

セルフエフィカシーについて思ったこと

セルフエフィカシー(Self-Efficacy)という心理学用語があります。“エフィカシー”は薬などの「利きめ・効力」を意味します。自己が目標を達成できる、成功できると信じる能力のことを言います。自己効力感と直訳されていますが、あまりしっくりきません。セ…

失敗して悔しい。だから頑張る。

失敗して悔しいと思うことがあった。 未然に防ごうと思えば防げた失敗。 準備不足が失敗の一因で、想定していたことが甘かったのも失敗の一因。 自分のいたらなさを思い知る。 ひとことで言えば、悔しい。 この悔しさは私を奮い立たせる。 いつも思うこと。 …

読書の時間を決める

なかなか読書できないでいる。 本屋で買った本も図書館から借りた本もほとんど読めていない。 「忙しくて〜できなかった」というのは言い訳で、「忙しいけど〜する」のほうがかっこいい。 ゆえに「忙しいけど、読書する」をモットーにしたい。 仕事や日々の…

ぶれないなんてつまらない。でも10の賛同や共感よりも1の非難、批判のほうが勝つ。

素直に生きる100の講義作者: 森博嗣出版社/メーカー: 大和書房発売日: 2014/08/09メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (8件) を見る 「ぶれない」なんて嬉しくもない。 と前書きにあって、「えっ?」と思ってしまった。森博嗣先生にとって…

自分にとって何が大事で、何に重きを置くか。

羨ましく思う気持ち、それだけに囚われていると、襲ってくるのは劣等感だけ。みじめな気持ちと自分の能力のなさの再確認で、ずぶずぶと沼に沈みこんでいくだけ。沈んだ状態の自分は私らしくなくて好きではない。 ミスや失敗で落ちこむことも多いけれど、立ち…

羨ましいということ

才能があって、センスがあってそれをとても羨ましく思う。それは画才だったり文才だったり生き方だったり。 「隣の芝生は青く見える」と書いてしまえばそれまでだけれど、自分にはないものへの羨望をどうしても持て余してしまう。がんばれば、努力すればどう…

安定感がある文章

安定感がある文章好きだ。 私にとって「安定感がある文章」というのは、一文が短く、主張が途中でブレていない文章だ。 主張に関しては、書き手と読み手の相性がやはりあると思う。書き手の主張が自分の中にすんなり入ってくるとき、ああ相性が良いのだなと…

あきらめないということ

最初に書いておく。 あきらめるつもりはない。 ここで何をあきらめるつもりがないのかは書かないけれど、 まだあきらめるには早すぎると思っている。 今あきらめたら、きっとあきらめたら、あきらめた自分を責めてしまうだろう。 あきらめたら、そこで試合終…

勉強するのに最適な場所って?

勉強しようと思いつつ、家にいるとなかなか勉強できないでいます。理由は、勉強を邪魔するものが多すぎるから。 パソコンやテレビ、本、漫画、ゲームなどなど勉強よりも楽しいことが家には多すぎて、勉強に集中できないでいます。家族がいると、なかなか勉強…

手間ひまかけるのって大事

今更だけれど、目次を作ったりインデックス(タグ)やラベルを張ったり、そういう手間ひまをかけるのって大事!と思ったことがあったので書いておきます。 先日とある書類を探していたのだけれど、書類を入れているファイルが多すぎて、どのファイルに入って…

読書に集中する

最近本当に本を読んでいなかったなぁとしみじみ。 本を読んでいると不思議と心が落ち着いてくる。読書に集中するのは本当に心地いい。 いろいろと考えさせられることも多い。気づかされることも。 この夏は読書の夏にしようと思う。 いろいろことを本から吸…

再開させたいこと、やりたいこと

コンディションをよくしていこうということを昨日書いた。コンディションがよくなるといろいろなことをやってみたくなるからなんとも不思議だ。いろいろことをやってみるといっても、ものすごいことをやりたくなったわけではなく、語学の勉強を再開したり、…

コンディションをキープする

今真夏で「暑い!」と言わない日はないくらい暑くて、今年は特に蒸し暑いように思います。毎日暑くて体力を消耗しがちで、体調も崩しがち。体力って年々年をとるとともに衰えていて、コンディションが良いなーと思える日ってひと月のうちどれくらいだろう?…

自分の引き出しの中身を増やしていく。

つい最近、自分が語れることってホントないなあと思うことがありました。 自己紹介や自分語りでもいいのですけれど、聞く人が自分についてある程度知っている人ばかりだと「今更感」があったり、あるいは雑談として自分語りをするような雰囲気じゃなかったり…