読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ、サイト。色が与える印象についての考察。

ブログやサイトで使われている色によってさまざなま印象を与えるものだということで考えてみたことを書いてみます。

使われている色で印象はちがってきます。

ブログでもサイトでもそうなのですけれど、使われている色で印象とかイメージは変わってきます。
ええ、わたしは今のブログは白が背景で2カラムで右側にメニューが来るという形が好きなので、使っていますが、このブログの背景が黒だとまたイメージがちがってきますよね。


以前、携帯でのブログのデザインを特に設定していなかったところ、このブログの黒の背景だったようで、そこに赤文字がきて(わたしは文字に赤や青の色を使うことがしばしばあります)

黒の背景に赤の文字というのはどんなもんでしょうか(ちょっと強烈すぎないですか?)

という指摘を読者さんから受け、あわてて携帯で確認したという過去があります。
今は白い背景に変更しています。ええ、黒い背景はわたしの希望するブログのイメージとはちがうので、すぐに変えました。


わたしは今色彩学について週1のペースで勉強しに行っていますが、色が与える印象というのはかなりあるということを学びました。人の第一印象というのも最初の3〜15秒で決まってしまうらしいです。どうせ印象をもたれるのなら、よい印象を持たれたいですよね。ブログもそうだと思います。

暖色系、寒色系、対比配色、類似配色、同系配色

暖色系を使ったブログは、あたたかさだったり、元気さ、快活な感じを受けますし、寒色系だとクールな、知的な、落ち着いた感じを受けます。ブログやサイトにいろいろな色が載っていると、楽しい感じがしますが、一方でごちゃごちゃしてうるさい感じにもなります。


色使いも、対比配色にしますとダイナミックな感じ、躍動的な感じが出て面白いですし、類似配色だと調和して安心感がありますし、まとまって見えます。
同系配色でつまり同系色でまとめるというのもいいですね。これは落ち着いた感じになりますし、青が好きなら青系でまとめるというのもよいと思います。

単色のみの背景について

あるいは、単色、ブログでつまりは背景の色というのも多く見かけるのですが、そうですね、背景の白のみ字は黒というブログサイトの場合、無難ですが単調だったりします。背景が黒だと威圧感があるように思います。威圧感というと大げさですが、イメージとしては大人っぽくもあり、閉じた感じがするもの黒だったりします。


一方、背景が白というブログサイトは多いのですが、個性がないといえば個性が感じられないと言われたりします。逆にその方が飽きがこないというのはあります。特にテキストサイトの場合、文字を読んでもらうこと、見やすいことが第一で、まわりがごちゃごちゃしていないほうがいい、色はない方がいいという考え方もあります。

カラフル、多色使いについて

ええ、ブログやサイトを見る人は老若男女いろいろです。ある程度年をとると、カラフルなあまりにも多色使いのブログ、サイトはひいてしまうというところがあるみたいです。「若い人向け」とぱっと見で判断してしまうのですね。絵文字や顔文字があまりにも多くて敬遠するという人もいますし、字が小さくても読む気にならないという人もいます。FLASHを嫌う人もいますし、また広告がいくつもあるとイライラするという人もいます。


色とは関係ありませんが、開くのに時間がかかるサイト、ブログというのも敬遠されます。開いて読みたい記事がぱっと読めない、まず関係ない広告が目に飛びこんでくる、それが不快だという話も聞いたことあります。

覚えてもらいたいと思ったら、やはり印象に残るようなデザインを

そうですね、つまりはターゲットになるわけですが、どういう人に読んでほしいか、どういう人が自分のブログサイトを読みそうか、そのあたりも考えてデザインしてみる、デザインを選んでみると良いと思います。
好まれそうなデザイン、好感のもてるデザインにしていくというのは、そのブログ、サイトの管理人の腕にかかってくると思います。
そうですね、無数にブログ、サイトは存在するのですから、ええ、使う色を選ぶというのは大事です。そして、覚えてもらいたいと思ったら、やはり印象に残るようなデザインを、ということになるのではないでしょうか。印象に残るようなデザイン=奇抜なものが好まれるというわけではないので、そのあたりは注意が必要です。


ええ、基本的には自分の好きなデザインでいいのですよね。自分の好きなデザインでいいのですが、読む人にとっては見やすいというのが一番だと思います。背景や文字の大きさ、色、リンク色、改行等試行錯誤していろいろ人に見てもらって、デザインをリニューアルされたサイトさんを知っていますが、とても見やすくなっています。ブラウザによっても見方はちがいます。そのあたりまで気にかけるようにしたいですね。