読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漠然と生きたくないということ

考えたこと

近々転職する友達と話をしていて、思いました。
転職を決めた友達を応援したいな、と。


今の仕事も嫌いではないけれど、Aという仕事に前々から興味があって、チャンスがあればやってみたいと思っていたそう。不安はもちろんあるけれど、でもその仕事をやってみたい。彼女は30歳半ば。転職するなら今かな、と。
転職は、やはり勇気がいります。
新しい世界に飛びこむ。一からやっていく。不安もあるし、これまでとはちがうストレスがたまることも。


それでもやってみたいという気持ちを大切にしたいですよね。チャンスがあるならそれに飛びつく。自分の力を試してみる。動かなかったら、何もしなかったら何も変わらないです。


漠然と生きたくない。
それはいつも思うことです。
なんとなくご飯を食べて、なんとなく仕事をして、なんとなく眠って、なんとなくなんとなくの毎日にしたくない。


漠然と生きたくない。
では、どうしたらいいか。
目標を持つこと。
目標を達成するためには、どうしたらいいか具体的に考えること。動くこと。


転職して、それからが本番。
大変なこともいろいろあるでしょう。
でもそのときはそのとき。「愚痴でもなんでも話してよ〜」そう言って友達と笑顔でバイバイ。やわらかく晴れた秋の日。風が心地よかった。