読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

力不足で悔しいということ

自分の力不足を感じることが多々ある。
力不足を感じるたびに悔しいと思う。


悔しいと思うのは、負けず嫌いだから?
力不足なのは、そもそも能力や経験がないから?
能力や経験はどうしたら自分のものになる?
自分はそんなに能力も経験もない?(まったくのゼロ?)
どういう状態になったら力不足でない満足した状態になったといえる?


自分の理想が高くて、それでいつまでも満足しないままのような気もする。(自分の能力や実力のことは棚にあげて理想だけは高い)


でも、でもと私は思う。
でも、もし理想を下げてしまったら、きっと私は何もしなくなる。これでいい、もういいよ、となってしまう。


立ち止まるのが怖いのかもしれない。
周りはどんどん進んでいく。
自分も進もう。
自分のペースでいいから、やっていこう。


1年後、2年後、3年後、5年後、10年後何もやっていなくて後悔したくない。


「力不足で悔しい」それは自分を動かす原動力なのかもしれない。