読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流暢に言語化できるようになりたいということ

考えたこと

言葉を知らない、知っている語彙が少ないのは、普段接している言葉(語彙)が少ないからだろうな、と思ったわけで、まぁ語彙が少ないのは私自身のことなのですけれど、今のところ語彙が少ないことで不便はないといえばないわけで、しかしながら必要最低限の語彙だけでこのままいくのかなあと思うと、なんともがっかりというか、そもそも地頭が良くなかったら、どれほど詰めこんでも、これ以上は変わらないのかな、と思ったり。


でもまぁ「あきらめたらそこで試合終了だよ?」というわけで、地道に語彙を増やしていきたい。聞いて(見て)わかる語彙を理解語彙と言うのですが、それだけではなく、理解しかつ使うことができる語彙=使用語彙(表現語彙)を増やしていきたい。


そして流暢に言語化できるようになりたい。
そのためには?

1.言葉(使用語彙、表現語彙)を増やすこと
2.大量にアウトプットすること

この2点が思い浮かびましたが、特に2が重要かな、と。
言葉は知っていても使わなければ、知らないと同じ。
どんなことを考えているか、感じているかも言葉にしなければ、ないのと同じ。思うだけ、考えるだけでは誰にも伝わらない。


書くことについてあまり堅く考えすぎると書けなくなるというのはあるかな。
なかなか言葉にできないこと、それを言葉にしたい。自分の中の自由奔放な小さな子どもが私に書かせようとしているんだと思います。「もう大人なんだから、いい加減に落ち着こうよ、仕事や生活に集中しようよ」そんな声が耳元で繰り返されるけれど、でも書くことはやめられない。子どもの頃から書くことが好きで、書いたものを読んでもらうのが好きで、ずっとずっと書いていたい。

もっと流暢に言語化できるようになりたい。
ブログはその訓練の場所として最適なのかもしれない。
自分がやりたいことをやる。
誰にもそれを邪魔されたくない。
人生の主人公は自分。
自分の時間を自分のために使う。
あれもしたかった、これもしたかった、とあとから後悔したり、~のせいでやりたいことができなかったと周りを責めたりしたくない。


そんなわけで、今日も書き続けるわけです。


メインブログ「かみんぐあうとっ」でも書いてます。
http://d.hatena.ne.jp/komoko-i/