読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冒険、挑戦、行動するということ

徒然に思ったこと

冒険を好まない慎重派を自称しているけれど、それは自嘲の意味がこめられている。


本当は、じっとしていられない性格だ。
動いている自分が好き。
書いている自分が好き。
本を読んでいる自分が好き。
勉強している自分が好き。
いろんなものを吸収したい。
自分が知らない世界を知りたい。

じっとしていれば、体力は温存できる。疲れることもほとんどない。


でも、でも、果たしてそれで良いのだろうか。


小さくまとまって、それで良いのだろうか。


どうせ無理だから、とあきらめている自分がここにいる。


夢は何?
そう聞かれてもすぐに答えられない。


尖っていた部分が丸く丸くどんどん丸くなっていく。


丸く小さくなって消えてしまいそうだ。砂粒のように。


消えたくない。
このまま消えたくない。


冒険や挑戦しなくなった自分。怖がって行動しない。それをとても残念に思う。


ならば、冒険すればいい。挑戦すればいい。怖がらずに行動すればいい。


本当に思っていることを書こう。
書いて、認められたい。存在を知ってもらいたい。


なりたい自分になれるまで、挑戦、行動。そして書く。


眠れない夜の戯言はどこまでも続きそうだ。