読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽観的になりたい時にオススメの本『楽観脳〜最後に笑うオプティミストになるために』

読書

楽観脳 最後に笑うオプティミストになるために

楽観脳 最後に笑うオプティミストになるために

  • 作者: プライスプリチェット,Price Pritchett,富永和子
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2008/06/26
  • メディア: 単行本
  • クリック: 17回
  • この商品を含むブログを見る


読んでみたので、読書メモ。

それを考えると、決まって最悪の気分になる。
そこで彼は、ついに運命的な決心をした。
そのことを考えないことに決めたのだ。
楽観脳 最後に笑うオプティミストになるために』より

あー、この潔さいいですね。そう、最悪の気分になるくらいなら考えないほうがいい。思い出してまた不快になるなんて絶対損です。私の場合嫌なことを思い出してしまったら、即座にそれをペンキで塗りつぶすイメージをします。ペンキの色は白。どんな嫌なことも過去の出来事。もう終わったこと。思い出して嫌な気持ちになることはないんだよ、と言い聞かせます。

ネガティブな考えは、浮かんだとたんに抹殺しよう
楽観脳 最後に笑うオプティミストになるために』より

そうです。浮かんだとたんに抹殺するのがいちばんです。

基本的に、希望はひとつのことに打ち込んでいる状態のときに生まれる。希望がもたらすポジティブな姿勢は、きみの気持ちを
・自分ができることに向ける
・自分がコントロールできることに向ける
・自分の強さと、持っている能力を最もよく発揮できるものに向ける
・うまくいっていることなど、人生のポジティブな面に集中する
・限界より可能性に向ける
楽観脳 最後に笑うオプティミストになるために』より

気持ちを「自分ができることに向ける」「自分がコントロールできることに向ける」これはとても好きな考え方です。どうしてもできないことに囚われ、自信をなくし憂鬱になるより、自分ができることをひとつずつコツコツやっていくほうが、私は好きかな。自信は相変わらずないです。自信なんてないけれど、でも全然何もできないわけじゃない。できることをひとつずつコツコツやればいい、そう思います。


楽観的になれば、気持ちが変われれば、行動も変わってくるものだと思います。


楽観的になりたい時にオススメの本です。

楽観脳 最後に笑うオプティミストになるために

楽観脳 最後に笑うオプティミストになるために

  • 作者: プライスプリチェット,Price Pritchett,富永和子
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2008/06/26
  • メディア: 単行本
  • クリック: 17回
  • この商品を含むブログを見る