読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「好きなことを書こう」

ブログを書き始めて早いものでもう7年。
7年目に入ったところで、これからどうしようか考えてみたのですが、うーん、これといって方向性は変えなくてよいかなあと。
これまでどおりプライベート(家族のこととか)や仕事に関することは書かない方向で。
ブログはあくまでも趣味。日々考えたり思ったりしたことを残しておく場としてのブログで、それ以上でもそれ以下でもない感じ。(「それ以上でもそれ以下でもない」って表現好きです。)


で、今日も「好きなことを書こう」と思います。そうですね、わたしが「好きな感じや好きなタイプ」について書いてみようかな。


どういう感じの人が好きか、どういうタイプの人が好きかと聞かれたら、まずは「争いを好まない人」「すぐに怒らない人」と答えます。
わたし自身争いは好まないですし、アグレッシブな人は苦手。サッカーやラグビー、テニス等スポーツで攻撃的なのはわかりますが、日常でもやたらと口調が攻撃的だったり怒りっぽい人とはちょっと距離を置きたいです。
わたしが思うに、すぐ怒る人は、余裕がなくて、精神的にあるいは身体的(体力的)にいっぱいいっぱいで(疲労困憊していたりで)、それで感情が剣山のように尖ってしまうのだと思います。余裕があれば、すぐに怒ることもないのではないかと。余裕は大事ですね。体調も体力も。


あと好きなのは「自慢話をしない人」。自分の自慢話をするということは、認めてほしいと思っているその裏返しなのかもしれません。
「俺って本当はこんなに凄いんだよ?知らないの?なんで俺の凄さがわからないの?」的ものが心の奥底にあるのかも。自分に自信があったり、自己肯定感があれば殊更自分のことをアピールしようとはしないんじゃないかなあ。
「凄い」と言われたい=「認められたい」。まあ誰しも承認欲求はあるので、仕方がないと言えば仕方がないけれど、例えば「友達の結婚式で10万御祝儀であげた」とか「自分で言うのもなんだけど影響力はあるほうだと思いますよ」とかアピールする人は苦手かな。御祝儀の金額なんていちいち他の人に言わなくていいと思うし、影響力もしかり。本当に影響力がある人は「俺が(Twitterで)RTすると結構凄いことになるんだよ」的なことは口に出したりしないと思います。
そうですね、地味で謙虚な人が好きかな。密かにコツコツやっている人が好き。自分の世界をきちんと持っていて、それに邁進している人好きですね。わたしもそうなりたいです。


わたしが好きな感じ。好きなタイプ。

争いを好まない人
すぐに怒らない人
自慢話をしない人
地味で謙虚な人
コツコツやっている人
自分の世界を持っていて、そこで邁進している人

他にも好きな感じ、好きなタイプはありますが、つまりは、こういう感じに自分がなりたいってことなのかも。この記事を読んでいるみなさんはどうですか?好きな感じ、好きなタイプ。


すっかり長くなったので今日はこのへんで。
好きなことを書くというのは、嫌いなことを書くより楽しくて精神衛生上も良いですね。
好きなことに目を向けて、楽しくなることを考えながら毎日過ごしたい。
毎日はもっともっと楽しくできる、そう思ってます。