読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「これから」のこと

考えたこと

今年も残り一週間。やり残したことばかり。
いろいろやりたかったことはあるけれど、どうせなら「これから」のことを考えたほうが建設的で良いのではないかと思った。


「これから」というか「これまでも」だけれど、これまでと同じく静かにマイペースを保って行こうと思う。落ち着いた状態が好きだ。賑やかなのはあまり好きではない。人混みや騒音を避ける。また攻撃的で一方的にまくしてる人も極力避ける。穏やかに丁寧に、やるべきことをやっていく。それは「これから」も心がけたいことだ。


これから、よく眠り、よく笑い、よく歩く。
これから意識して歩こうと思っているけれど、疲れ過ぎないよう気をつける。体力を使い過ぎて、あるいは精神的に激しく消耗して倒れるようなことがないようにする。ストレスを溜め込みすぎない。適当にストレスを解消する。まあ、最近は寝てストレス解消しているような感じだ。


これからも自分の経済力に見合った生活をする。すぐにいらなくなるもの、使わなくなるものは買わないようにする。身の回りをできるだけシンプルにする。身軽に動くようにする。これからはもっとフットワークを軽くしていきたい。やりたいことを明確にすると、フットワークは軽くなるかもしれない。


これからも仕事も勉強も続けていきたいし、趣味も充実させていきたい。「死ぬまでにどれくらい本が読めるか」よく考えるのだけれど、同様に「死ぬまでにどれくらい映画が見れるか」ということを最近よく考える。昔見た映画をまた見たい。当時とは違う感想を持つかもしれない。それが楽しみで、変化した自分を確認したい。また、これから「自分がどう変わっていくか」も楽しみだ。生きているのだから、全然変化がない、ということはないと思う。


これからは日々気づいたこと、思ったことを実況するように日記に書いてみたい。日記を書くときは、感情のクレヨンに塗りつぶされることがないよう気をつけたい。自分を少し高いところから客観的に見る癖をつけたい。自分とそして、周りを見れる人間になりたい。まあ、なかなか難しいかもしれないけれど。

これから
「客観的に見れるようになる」
「自分の役割をきちんと把握して動く」
「自分の考えや思うことは表明するけれど、無闇やたらと他者を批評しない」
「誰かにされて嫌なことは他の人にもしない」


これから先、どうなるかわからないことばかりだけれど、悲観的にはならないようにしたい。
これまで最低最悪だと思えるようなことも、なんとか乗り越えられたから、大丈夫、これから、何かあっても乗り越えられる。大事なのは落ち着くこと。慌てないこと。


これから、これから、これから。
やりたいことがいろいろあって、楽しみでしょうがない。
いっぺんにやってしまうとキャパシティをオーバーしてしまうから、そのあたりは調整する。



これからが楽しみ。
楽しいことを探しながら、見つけながら、というのが自分には合っていると思う。
これからも趣味のブログを続けられたらよいなと思う。