読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間関係で悩んでエネルギーを使って仕事本体をおろそかにしない。

仕事は料理を作るのに似ているとどこかで書いたことがあったけれど、仕事をしていく上で多くの人と関わっていかないといけないというところは料理を作るときと決定的に違うなあとふと思った。料理は一人でできても仕事は一人ではできない。


多くの人と関わるということは、まあ良いこともあるけれど面倒なことも多くて、これが所謂人間関係の難しさというやつかもしれない。


話し合って進めていくべきところを一方的に話を進めていく人、こちらの話を聞こうとしない人が本当に苦手で、うんざりしてしまう。思いこみや先入観、好き嫌いが激しい人も苦手だ。仕事をしているのだからある程度我慢も必要だと思う。ハッキリ言いすぎてそのせいで相手が傷ついているのに気がついていなくて、そういうところは愚鈍だと思うし、自分の主張だけはいつまでもしつこくし続けるので、精神的に子どものようだ。もしかしたら承認されたくて主張し続けているのかもしれない。


まああまり考えすぎても人間関係がよくなるわけでもないので、できるだけ考えないようにしている。考えてもどうしようもない。


大事なのは人間関係に振り回されず自分の仕事をきちんと遂行すること。
人間関係で悩んでエネルギーを使って仕事本体がおろそかになるのは私は嫌だ。
もっと仕事に集中したい。
もっと良い仕事をしたい。
日々改善してよくなっていくようなそんな仕事をしたいと思う。