読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログで自信をなくした

文章を書くのは私には向いていないのかもしれない。


もう少し書くと、ブログで文章を書くのは向いていないのかも・・・と思うようになったのは、私が書くブログに関してかなり手厳しいことをを言われたのが発端で、じわじわと、ボディーブローのように効いてきて、すっかり自信をなくしてしまった。ブログに関するコメント、感想はとてもありがたいことだけれど、自分でも薄々わかっているブログの欠点、弱点について誰かにズバリ言われると相当ショックを受けるものだ。言われたことをなかなか忘れられず、今も重くくすぶりつづけている。


書くのが好きで、趣味で書いていたブログだけれど、それができなくなるのは、本当につらいことだ。


以前はあんなに書けていたのに、それがどういうわけか書けなくなった。仕事が忙しくて、というのも理由としてあげられるけれど、忙しいのはずっと前から忙しくて、それでも書いていた。書きたいことがあった。書くと元気になっていた。それが今はどうだろう。ネットの記事をあれこれと読むことはあるけれど、書く気になれない。アウトプットしたほうがいいとわかってはいても、言葉が出てこない。文章にならない。書きたいと思うことがない。


書きたいと思うことが思い浮かばない。それは今も同じだ。


毎日が多忙でやることが多すぎて、とても充実しているのだけれど、自分の心の声を無視しているような気がしてならない。考えるより動くことを優先して、動いて動いてそして疲れて、心は放置状態。顔は笑っていても心は笑っていない。なんだか味のないガムをずっと噛んでいるようなそんな日々。


常に先のことを考えて、心が休まらない。心にも休息は必要。もっと自分をいたわって、楽しませて、優しくして、休ませてあげるべきだ。私は「べき」なんて強い言葉は滅多に使わないのだけれど、ここでは使いたい。


休んで、休ませて、そうしてやっと何かしようという気持ちになった。よろよろと重い腰をあげ、自信をなくしたブログをまた書こうとしている。


自信をなくしたままブログを止めてしまいたくない。その気持ちが私をパソコンに向かわせたのだと思う。


自信をなくしたまま終わりにしたくない。


自信をなくしたのは誰のせいでもなく自分のせいなのだ。言われたことを必要以上に反芻し、思い出しては悩み、自分で自分を傷つけ弱らせ、自分をつらくさせていた。


自分は自分。
私は私が書けることを書くだけだ。


とはいえ、なくした自信はそう簡単には取り戻せそうにない。



これからは、あまり気負わず日記のような文章を書いていけたらと思う。