読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できない理由を並べる人にはなりたくないものだ

やってみないとわからないことは、本当に多い。まだ何もしていないのに、想像に想像を重ねて、できないと決めつけてしまうのはいかがなものか、ということが最近あった。


どうしてそんなにできない理由を並べるのだろう?
できない理由を並べるのは、失敗したり困った事態になるのを回避するため?
まだ失敗してもいないし、困った事態にもなっていないのに、そもそもやってみないとわからないのに、やる前から臆病になってどうするの?と私は思う。


まだ何もしていないのに、しないうちに、できないとか無理とか、慎重に、と言われると、本当にうんざりしてしまう。


失敗するのが嫌だという気持ちもわかるけれど、失敗を大袈裟に捉えすぎだ。誰でも失敗することはある。これからやろうとすることが、大きな手術とか生死に関わるような、そういうことでもないのに、どうしてできない理由を並べて動かないように、動けないように呪いをかけようとするのだろう。


やってみなくてはわからない。
たとえうまくいかなくても、そのうまくいかなかったとき、次の手を考えればいい。


「できない理由を並べる人にはなりたくないなあ」と強く思ったのでここに書いておく。