読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滅多に褒めない人に褒められると警戒してしまう

つぶやき

滅多に褒めない人に褒められて、嬉しいというより身構えてしまった。
よく観察しているんだぁというのが最初に思ったことで、褒められて悪い気はしないけれど、だいぶ前にひどく貶されたことがあるので、どうして今更褒めるのだろう?と思ったり。
貶されたり、人をよく貶す人はイヤだけれど、しょっちゅう褒めまくっている人も苦手だ。お世辞がうまいというか、処世術に長けすぎているというか、誰かを褒めて良い気分にさせている自分に酔っているようにも思えて、そういう人とは距離を置きたくなる。冒頭に書いたけれど、滅多に褒めない人、普段が辛口毒舌な人に褒められるのもなんだか怖くて警戒する。褒めるのは本当に難しいと思う。

アドラーに学ぶ部下育成の心理学

アドラーに学ぶ部下育成の心理学

ほめる力: 「楽しく生きる人」はここがちがう (単行本)

ほめる力: 「楽しく生きる人」はここがちがう (単行本)