読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビショッピング番組の喋りはすごい

いつも見ているわけではないのだけれど、たまたま見たテレビショッピング番組(30分とか1時間の番組)の喋りがすごくて、一言で言えば「説得力がある」ということになると思う。
まあ何かを買わせるためには納得しないと見ている人は買わないだろうし、その納得させるための手法として、こんこんと商品の魅力を説明する。ずっと聞いていると、本当に良さそうで、欲しくなる。電話一本でこの商品が届くなら簡単だ。わざわざ店舗へ行って(あるいは店舗の場所がわからなければ探して)、足をわざわざ運ばなくてもいい。電話だけで、あとは待つだけ。なんて便利なんだ!もちろんネットでもそういう通販はあるけれど、テレビは現物が見れて、実際にそれを使ったり着たり食べたりして、テレビの中の人が褒めちぎって、買いたくなるような言葉のオンパレード。買わないと後悔しそうな、そんな感じにすらなってしまう。とにかく喋りがすごい。限られた時間の中、たまたま見た人が「あら、これいいわね」「お、これいいな」と買いたくなってしまうのだからすごい。この商品はこんなに良いですよ、という説得の喋りがそこにはある。この説得させる手法は、他でもプレゼンでも使えると思う。納得すれば、人は動くものだと思う。テレビショッピングの喋りをもっと研究してみたい。説得するための「キーワード」や「パターン」「型」がきっとあるはずだ。