読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「頑張る!」とか「やる気」だけではどうにもならないもの

「頑張る!」とか「やる気」だけではどうにもならないこともあるんだなあと今しみじみ感じている。
自分としては「もっと頑張りたい」と思っていても、なかなか時間がなかったり、体力的にきつかったり、そもそも能力や技術が目標や理想に到底到達できるレベルじゃなかったり。
私は普段精神論で熱く語りすぎて、現実を見ていないのではないかと思った。口ではいくらでも言える。「これから頑張る」「こういうことをがんばっている」「がんばれば、なんとかなる」等。いくら「がんばれば」を繰り返したところで、やり方が間違っていたり、よくわかっていない状態で何かをし続けたとしても、結果は出ない。ただ精神論を繰り返すばかりの私が愚かに思えて、今とても恥じている。「頑張る!」とか「やる気」は勿論大切で必要だけれど、それだけではどうしようもない。もっと実践に役立つようなことや具体的なやり方を身につけないといけないのだと思う。どうすればそれらが身につくのか。そこがこれからの課題だ。



東大生だけが知っている「やる気スイッチ」の魔法

東大生だけが知っている「やる気スイッチ」の魔法