読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな店とネット通販

つぶやき

品揃えで店を選ぶことがある。例えば書店。私は品揃えの良い大型書書店で買うことが本当に多い。5000円以上買うと自宅まで配送してくれるサービスもあったりして、重い本を手に苦労する必要もない。自宅まで配送してくれるならネット通販でも良いのではないか、という気もするけれど、本の場合、一度手に取って中身を確認してから買いたいという心理が私にはある。服や靴も試着できるものは試着して買う習慣ができているので、なかなかネットで買おうと思わない。消耗品も大型店でまとめて買うことが多いのだけれど、これは品揃えというより安いからそこで買うようなもので、ネットでも安かったらネットで買ってもいいかもしれない。いちいち買いに足を運ぶ労力が省けてよい。
小さい店はこれからますます少なくなって、「コレ!」という売りや常連のお客さんがいないと存続していくのは難しいだろうな、と考える。知人が小さな雑貨屋さんをしているのだけれど、独特の雰囲気があってそこの雑貨のファン(固定客)もいて、最近はネットでの販売も考えはじめたそうで、私個人としてはそのネット通販は案外うまくいくかもしれないと思っている。その雑貨屋で扱うものは少なくても、独自の世界観に魅かれて買う人はいるはずで、そこは品揃えや安さ云々ではなく、「売っている物そのもの」で勝負する感じだろう。個人の店の場合、仕入や展示、販売にかけられる労力には限界がある。安さにおいても大型店のほうが有利だ。手に取って商品を見たいという人はやはりいるだろうし、店舗+ネット通販のやり方はなかなか良いのではないだろうか。これから作ると言っていた知人の通販サイトを見るのが今から楽しみだ。


ゼロからはじめる ネット通販の教科書

ゼロからはじめる ネット通販の教科書

  • 作者: 池本克之
  • 出版社/メーカー: ユナイテッド・ブックス(阪急コミュニケーションズ)
  • 発売日: 2010/05/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 47回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る


右肩上がりの「ネットショップ」59の打ち手

右肩上がりの「ネットショップ」59の打ち手


儲かる「ネット通販」の立ち上げ成功ノート―ステップ式でゼロからわかる!

儲かる「ネット通販」の立ち上げ成功ノート―ステップ式でゼロからわかる!