読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラブルが起きたときどうするか。

執事のダンドリ手帳

執事のダンドリ手帳

引用しながら考えたことを書いておきます。

1日の3割は「突然の仕事」でできている


私は、1日の仕事のスケジュールを分単位で組んだりすることはありません。
なぜなら、1日の3割は突発的な仕事で埋まってしまうものだからです。
執事のダンドリ手帳 ~やるべきことがみるみる片づく」より

張り切るよりも割り切る


どれだけ急なトラブルに対しても、冷静に考えてみればやり方はいくらでもあります。
精神論になってしまいますが、私は「張り切るより割り切る」ことがダンドリをする上で重要なスタンスだと思っております。
失敗しないように頑張ろうと張り切る気持ちは大切だと思います。が、それよりも「目標を達成するために必要なことは何だろう?」と落ち着いてみることです。
執事のダンドリ手帳 ~やるべきことがみるみる片づく」より

ですね。トラブルが起きると慌ててしまいがちですが、大事なのは
トラブルの把握、原因を見つけ、トラブルに対応すること、具体的な解決策を講じることだと思います。

人と人が関わっていく世の中では、トラブルが起きてしまうことさもう仕方のないことであります。
それはそれと割り切り、ポジティブに問題を解決していく姿勢がダンドリの精神なのです。
執事のダンドリ手帳 ~やるべきことがみるみる片づく」より

思いがけないトラブルはやはり起こるもの。トラブルは面倒くさいもの。できればトラブルに時間をとられたくない。それなら、さっさと終わらせてしまおう。トラブルを放置しない。トラブルは小さなうちに解決してしまう。トラブルはトラブルでしょうがない。できるだけの対策をする。ポジティブに割り切って解決策を打つ。動く。
計画は計画。そう計画どおりにいくものじゃないと割り切る。トラブルを怖がりすぎてもストレスになりますし、「なにが起きてもベストを尽くす」くらいの心構えでいたいなと。

執事のダンドリ手帳 ~やるべきことがみるみる片づく

執事のダンドリ手帳 ~やるべきことがみるみる片づく