読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろな人の視点が一気に見れる場所

いろいろな人の視点が一気に見れる場所、それがブコメかなあと。
ブクマされる対象にもよるけれど200ブクマ以上あるとなかなか読み応えがあって楽しい。ブックマーカーごとに特徴があって、ああこのブックマーカーらしいコメントだなあと思ったり、中には他のブックマーカーとは一味違うコメントを見かけて、ああこの人はこういうブコメをするのかと思ったり、ブコメ観察はなかなかハマる。


ブコメ複数の人が似たようなことを書いているのも面白いし、人の視点は共通点もありつつ微妙に、あるいは全く違うのがこれまた面白い。「なるほど」と思うものにはてなスターをつけることが多いのだけれど、たくさんはてなスターがつけられているものにはなかなかつけたくならないのが私で、これはあくまで個人の好みや感覚だからそれでいいと思っている。


いろいろな人の視点は刺激になるし、気づかされることも多い。といってもブックマークするときコメントを書く人は一部の人で、ブックマーカーの多くはサイレントマジョリティーだ思う。はてなIDコールが飛んでくることもあるし、絡まれるのが嫌でブコメを残していない人やプライベートモードにしている人もいるだろうし、可視化されているブコメがすべての反応だと思うのは間違っている。まあどうしても可視化されたものに頼ってそれで判断してしまうのが人間なのだけれど。見えないものは存在しないのと同じと考える人もいるのでしょうがないかな。黙っていては伝わらないし、表明しなければなかったことにされてしまうから、伝えたかったり残したかったり存在を忘れられたくなければ自分で表明するしかないかと。


最初の視点の話に戻ろう。
さまざま視点を見るにつけ、それじゃ自分は?と振り返るのだけれど、特にこれといってインパクトのある気の利いたコメントも思いつかなくて、大喜利みたいなものは私には無理だなあと。まあ別にブコメで無理に大喜利をしなくてもいいわけだけれど。
ブコメはあとからあとから増えてきて、とてもじゃないけれど全部は見きれない。でもその「とめどなさ」がインターネットだと思うし、その「とめどなさ」が私は好きだ。やっぱりいろんな視点を知るのは面白い。最近の趣味は「ブコメ観察」と言ってもいいくらい毎日いろんなブコメを見ている。