読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「時間がかかる=能力がない」ということ

つぶやき

「時間がかかる=能力がない」はイコールなのかなあ、とふと思った。仕事にしろ勉強にしろ家事にしろさまざまなことに関して時間がかかりすぎる傾向にあって、それはよくないな、と。(これは私個人についての感想です)
もっと短時間に効率よく手際よくできるはずで、それができていないのは自分の能力不足のせい。うーん。なんだか落ちこむ。


経験を積めば、場数を踏めば、短時間に効率よくできるようになるのか。うーん。どうだろう?もしかしたら性格が変わらないと手際はよくならないような気もする。性格的にのんびりしていて丁寧なことに関してはまあ自負しているところがあるけれど、丁寧すぎて時間がかかりすぎるとそれはメリットとは言えない。雑でもいいから早いほうがいいのか。うーん。それもどうかと思う。


本当に能力があるのなら、素早く、かつ丁寧な仕事ができるはずで、結局のところ私が目指すのはそこだな、と。落ちこむ時間があったら、やるべきことをやろう。後回しにしているものに手をつけよう。やらずに放置していること、それが一番よくないこと。


ではでは、今日はこんな感じで。