読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログに今年の目標や抱負は書かない

まあ個人の自由なので、書きたい人は書いてもよいのだけれど、私はブログには私個人の目標や抱負は書かないことにした。(以前は書いていた)


理由としては、ブログに書いたとしても、私の目標や抱負に興味関心がある人はほとんどいないだろうということ。おそらく「ふーん」で終わってしまうだろう。目標や抱負は本当に個人的なもので、わざわざブログに書く必要はない、というのが私の個人的な見解。


「いや、ブログに宣言することで、後に引けなくなるというか、やる気になるでしょ?言葉に書いて残すのは大事ですよ?」そう言う人もいるかもしれない。
まあ確かに宣言の意味でブログに書くことは意味がないと否定はしない。ブログに書くことで有言実行、確実に実行あるいは実現の可能性が高くなるのなら、書いてもいい。それはその人の自由。
ただ私の場合、書いても多分読み返さないし、去年の目標や抱負も実は覚えていない。今年も頑張る、みたいなことを書いた気もするし、書いていない気もする。で、実際のところ、何か目標が達成できたり結果が残せたかというと、そんなことはなくて、現状は変わらないまま。相変わらず。


ずっと熱意や情熱を持ち続けられる人であればよかったのだけれど、どうにも熱しやすく冷めやすい面があり、途中でどうでもよくなることが本当に多い。続ける力がないというか、いわゆる三日坊主で終わってしまう。


意気込んで、それが継続するのであればいいのだけど、最初に力を入れすぎると、だいたい途中で疲れてくる。疲れて面倒くさくなる。ずっと全力疾走はできない。それよりも肩の力を抜いて、ゆるゆると休みながら、自分の調子を見ながら、のほうが結局のところ長続きする。これはブログについても言える。


毎日全力疾走できる人というのは、まあいるかもしれないけれど、稀有だと思う。目標や抱負を掲げ、それを見事に達成できるという人も。


私の場合、具体的な目標を掲げてしまったがゆえにプレッシャーになり、途中でイヤになることもあるので、あえて具体的な目標を掲げず、まずは目の前の問題を、目の前の仕事をきちんと片づけようと思う。


「目の前のこと、身の回りのこと、それをおろそかにして、夢ばかり見ている人になりたくない」そんな感じかもしれない。たいした実力や経験もないのに大層な夢を語り虚像を装う人がいるけれど、それはいつか剥がれる化けの皮をかぶっているだけだと思う。(逆に変に自分を低く見せ卑下する人も嫌だけれど)


具体的な目標や抱負は無理やり作らなくていいと思う。今できることをすればいい。少しずつでも、ゆっくりでも。


新年ということで他の人がいろいろな目標や抱負を掲げると少し焦ってしまいそうだけれど、でも今は書けるような目標が見つからない。多分そういう時期なのだと思う。そういう時期もあるよね、ということで、まあ気楽にいこう。