読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読むたびに敗北感を感じるブログ

読むたびに敗北感を感じるブログがある。


ブログ名は書かないけれど、この人が書くものには敵わないなぁと素直に思う。


たぶん、経験していること考えていることが私の数倍も数十倍も多く、濃いのだと思う。


自分が書いていることの薄っぺらさを思い知らされる。汎用性を重視して書いているせいで、心の奥底まで降りてくるものがない。心を掴み、訴えるような、そんな文章もない。


でも、それでも、スタイルを変えようとは思わない。アクセス数のためにブログを書いているわけではないし、本当に読みたい人が読んでくれればいい。


評価の話と関係するけれど、仕事で思い切りダメだしされて、でも、その一個人の評価基準に振り回されて、凹みたくないと思った。ブログもしかり。わざわざ読む価値がない、みたいことを言われたことがあるけれど、それはその人の価値基準だ。広い世界。どこかに認めてくれる人がいるはず。続けていれば、きっと、いつかきっと。


あるブログを読んで敗北感を感じるのは、相手の価値を認めているからだと思う。そして自分が書くものと比べてしまう。比べて憂鬱になるのだけれど、でもまぁ、私の場合、こういうものしか書けないのだから仕方ない。


読むたびに敗北感を感じるブログ。


よく考えたら、こんなブログは、なかなかないと思う。


ブログは勝ち負けではないと言う人もいるかもしれないが、一度感じた敗北感はなかなか消えない。


簡単には消えないし、でもまぁそのままでもいいのではないかと思っている。