読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職。「隣の芝生は青く見えた」だけだった。

余所の会社は良さそうに見えるものだ。残業も少なそうで、施設やシステムがきちんとしていそうで、働きやすそうだったり。でも、まあ、良さそう、働きやすそうというのは、あくまでもこちらが勝手に抱いた想像で、実際は違うものだ。
これまで転職するなら少しでも若いうちに…というようなことを書いていたけれど、今は修正したい。取り消すところまではいかないけれど、転職は本当に慎重にやるべきだと思う。勢いや周りに流されての転職は避けるべき。後々後悔する可能性がものすごく高い(経験者は語る)。


ただ、勤めている会社がむちゃくちゃなブラックだとかそういう場合は即転職すべきで、私の基準だと休めない会社はヤバいと思う。体調不良でも休めない。病院に行って、それから直で出勤。今休まれたら業務が回らなくなる。ものすごい綱渡り状態なのはみんな知っているはず…。迷惑だけはかけないでほしい…。面とは言ってこないけれど、雑談に織り交ぜて、聞こえてくるそれらの言葉に、全身が堅くなる。「体調不良くらいで簡単に休めると思うなよ」と、つまりはそういうことだ。


体調管理には気をつけていても、それでも体調を崩すときはある。午前休ではなく、1日休みたいときもある。1日休んだほうが回復もする。体調が悪いときは精神的にも不安定になるものだ。疲れすぎているときも。


休まなければ体調は回復しないし、疲れもとれない。対策としては眠ることだ。睡眠不足で、良いことはひとつもない。


ストレスも眠ることで軽減される。


眠ること。眠ること。眠ること。


今ほしいのは、眠る時間。


夢も見ないくらい、泥のように眠りたい。


眠らないことには今のこの状態からは抜け出せない気がする。