読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コタツほど人を堕落させるものはないのでは?

コタツを出した!
コタツ布団のカバーを新調した!
コタツ布団のカバーというのは案外高いものだ。せっかく買うのだからと、気に入るものに出会うまで、探し回ってしまった。
コタツ布団は去年も使っているものだけれど、カバーが新しく気に入ったものなので、それだけでニンマリしてしまう。
目に入るもので気分が良くもなるし悪くもなるものだから、視界に入るもの、特に長時間視界に入るものは好みのもの、百歩譲って不快にならないものにしておきたい。気に入らないもの不快になるものは極力視界に入れないことだ。


コタツは一度入ると出られなくなるものだ。コタツの引力は凄まじい。その凄まじさに、私はひれ伏すしかない。そして、そのまま、うたた寝。うたた寝最高。うたた寝は気持ちよい。うたた寝から目が覚めたあとすっきり感が好きだ。


タイトルに「コタツほど人を堕落させるものはないのでは?」と書いたが、暖かさに身を委ねることが堕落というのなら、私は堕落してもいい。物理的な暖かさは心も暖かくしてくれる。心地良いこと(心地良くすること)、それは私にとって何より優先することだ。他にも暖房器具はあるけれど、私はコタツ推しだ。


外に出ればストレスフルだ。体力も精神力も削られまくる。疲れて帰ってくる。家の中でくらいリラックスしたい。だらだらしたい。ごろごろしたい。本を読んだり、好きなことをしたい。


冬という魔物と戦うには、武器が必要不可欠。その武器に、私はコタツを選ぶ。迷わず選ぶ。
魔物の息は長い。意外と長い。長期戦とわかっているなら、それ相応の策が必要だ。


いつのまにか1000字以上書いてしまった。
寒くなってきたのでコタツを出した。ただそれだけのことなのだけれど。でもやっぱり私にとっては特別なことだ。


コタツの圧倒的存在感。
その存在感に私はひれ伏す。
ひれ伏しながら、これを書いている。新しいコタツ布団カバーでちょっとハイテンションになりながら。