読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曖昧な自分にうんざりしたのでブログを書く

言いたいことや考えたことをはっきりと言葉にできなくて、いつも曖昧。ぼんやりしている。
言葉にするのが苦手で、それでも日記やブログを書けば、少しは言葉にする練習、訓練になるのかなと、ポツポツ書いたりしている。


が、書いたところで、モヤモヤしたものは一向に晴れることはなく、自分は一体どこに向かっているんだろう?と、不安に似た焦燥感がこみ上げてくる。書いてもスッキリしない、むしろ逆効果なのであれば、いっそ書かない方がよいのでは?と思ってしまう。


いや、そうではないだろう。モヤモヤがいつまでも晴れないのは、きちんと言語化しきっていないから。それゆえ、いつまでもモヤモヤは鎮座し続ける。ただ、なんとなく、曖昧にモヤモヤと、なんとなくなんとなく。そして、うんざりしている。


その状態をいい加減どうにかしたい。


では、どうすればいいのか。


考えたのは、拙くてもいいから、思うことを書いてみるということ。何も名文を書く必要はないのだから、とにかく言葉にしてみる。結局のところ、言語化に慣れていなくて、ここは荒療治的にガシガシ書いたほうがよい気がする。


忙しいなら忙しいなりに思うことを書く。


今の状態を変えたいのであれば、動くしかない。


細かいことを気にすれば、ますますモヤモヤしていくばかりだ。


細かいことは気にしない。
気にしたところで何も変わらない。
自分で自分を疲れさせるだけだ。


曖昧な自分にうんざりしたのでブログを書く。


ブログを書いて、今の状態を変えたい。そんな風に思っている。