読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindleは便利だ。すっかり電子書籍派になってしまった話。

Kindleは便利だ。
Kindle Unlimitedを利用しはじめてから、読み放題のものをはじめ、Kindle Unlimitedではないものもダウンロードして読むようになった。
読みたいものが手軽に読めるようになり、どうなったかというと、書店に行かなくなった。もちろん、全然行かなくなったわけではないが、以前の半分も行くことはないと思う。
実物を見て買いたいとは思うけれど、忙しくてなかなか書店まで足を運べない。どうしても見てから買いたければ書店へ行くけれど、品揃えのよい書店は遠かったりで、結局Amazonで買うことも多い。


Kindle電子書籍がいいのは、かさばらないこと。
紙の本だとなくしたりすることもある。他の本の密林に埋もれたり。
既に十分すぎるほど、紙の本は自宅にあるので、これ以上増やしたくないという気持ちがとても強い。


紙の本が好きだと、以前書いていた気がするけれど、今ではすっかり電子書籍派だ。雑誌も電子書籍で読む。漫画も。

昔の漫画もどんどん電子化しているので、少しずつ集めていきたいとも思っている。好きだった作品をあらためて読むのは楽しい。新たな発見もあるかもしれない。そうなると、相当な数の漫画を集めることになるので、やはり電子書籍がいい。かさばらない。かつ、デバイスさえあればいつでもどこでも読める。


いやはや、我ながらこんなに電子書籍好きになるとは、変わったなーと我ながら思う。これを読んでいる皆さんはいかがですか?