読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらっと職場復帰した人の話

3年くらい個人的な理由(詳細はわからない)で仕事をやめていた人が、また職場復帰した話を聞いた。3年前辞めた理由も周りは知らなくて、上司は「一身上の都合」と言うだけだったそうだ。


でも、この4月に職場復帰して、まるでその3年のブランクもなかったかのような働きぶり(とけこみぶり)、さらっと職場復帰して仕事をまかされ、バリバリと働く様がなんともすばらしいとのこと。
その復帰した人は、有資格者でかなりのキャリアがある人だそうで、そういう人なら何らかの理由で辞めた(あるいは休職した)としても、復帰は可能で、むしろ、会社側が復帰をうながした(「またうちで働いてほしい」というような)、そういう打診があったらしい。2年、3年と休んでもまた椅子が用意されるというのは、うらやましいことだ。


必要とされる存在になりたい。それは常々思うことだ。
必要とされるには、この人にはこれができる、これを任せられるのはこの人だ、という分野や専門があったほうがいい。それが資格だったり実務経験、専門知識だったりキャリアだったりするのだけれど。


一度仕事を辞めると、なかなか復帰するのは難しい。そう思っていたのは、単なる先入観で、もしかしたら、世の中には、意外とそういう風にさらっと復帰している人もいるのかもしれない。育児休業のあとの職場復帰とか。


想像で「さらっと職場復帰」と書いてしまったけれど、もしかしたら、やめてから復帰するまでたいへんだったのかもしれないし、会社を離れたあともいろいろ努力されていたんだと思う。そうでないとブランクを感じさせないような働き方はできないだろう。ぜひともその人に話を聞いてみたいものだ。


転職&再就職者のための100問100答 面接トーク!

転職&再就職者のための100問100答 面接トーク!

女性の再就職力

女性の再就職力