毎日のようにメールをしている。


今、友達と交換日記のように毎日のようにメールをやりとりしている。


かみんぐあうとっすると
私はメール好き。メール魔かもしれないw
レスも早い方だと思う。


お互い都合のいいときに
書きたいことを書いてメールで送る。


友達はメールを昼間書いている。私は夜。


電話で話すとなると、ものすごく時間的に限られるし、時間的拘束感をともなうので
私は好きじゃない。



文字を打つことが苦にならない人なら、
メールでやりとりするのがいいように思う。


その友達とは、それまでは、せいぜい1ヶ月に1度か2度くらいのやりとりだったのだけれど。
毎日のような交換日記ならぬ交換メールが始まったのは、
その友達が手術をするというのがわかってから。



別の友達経由で、その友達の手術のことを知った。
「3月に手術するんだって」とメールを別の友達からもらって知った。


で、びっくり。
まだ入院はしていないということだったので。
今の病状がどうとか知りたくて、すぐにメールした。


やはり、病気をすると心細いものなのだと思う。
友達のメールにはいろんなことが書いてあった。


詳しくは書けないけれど、
メールでそういう不安な気持ちを吐露できるっていうのは、
ひとり溜め込んでいるよりも、よいように思う。


その友達の病気の話の他にも
お互いの家族の話とかも書いたりする。
まじめでディープな話をできるのもその友達だ。


メールはPCでやりとりしている。
私は携帯のメールはほとんど使わない。
PCのメールのみ。


携帯だとうつのに時間がかかるし、
やはり時間的に問題があったりするから。
夜中に携帯にメール着信があったりすると、
やはりびっくりする。


夜中に携帯にメールをくれる別の友達がいて、
その時ははっきり言ったかな。


夜遅くのメールは困るって。
だって全然緊急性のある内容じゃないんだもん。


PCのメルアドも知っているんだから、
PCの方にメールしてよって思う。




話を元に戻して
その友達とは、ほぼ毎日のようにメールをやりとりしているんだけれど、
まぁ内容は、最近じゃ
ご飯なに作った?とか
キャベツが一玉あったら何作る?とか
最近は体調はどう?とか
病院は行っている?とか
風邪とかひいてない?とか
そういうたわいもないことばっかだったりするw
でも楽しい。



メールっていうツールがあってよかったなって思う。