読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その会社しか知らないというのはシアワセなことなのか

ひとつの会社で十年以上働いている人の話を聞くことがあって、いやはや多少はオーバーに言っているところもあるかもだけれど、心の中で呟いてました。「ブラックな会社だなあ」と。


いつも仕事を持ちかえって家でしていたり、会社で残業しても少なめにしか申請していない(少なめにしか申請できない?申請しにくい雰囲気がある?)とか昼休みがちゃんととれない日もあるとか、とにかく人が足りなくて、忙しくて休めないとか。そういう状況だから、募集しても辞めてしまう人が多いとか(一応、古参の人もいる)。でもその人はその会社のことをものすごく褒めるし、この会社で働けてシアワセ、やりがいを感じてるみたいなことも言っている。


おそらく、ずっとその会社で働いている人にとって、そういうのは当たり前で、そういう会社が常態で、他を知らないというのもあって「会社」いうのはこんなものだよねと思っているのかな、と。


私の場合いろいろな業種で働いたことがあって、上記の会社に近いブラックな会社で働いたこともある。そこは、とにかく休めない会社で、会社と従業員の金銭トラブルの話とか聞くことも多くて、人間関係も良くなくて、ゴタゴタに巻き込まれる前に早く次を決めて会社を変わろうと……。でも結局1年くらいそこで働いたかな。でもまあ、その会社も長い人は十年とか十五年とか働いている人もいて、「いまさら他で働けない」みたいなことを言っている人もいて、なんというか、そういう会社であっても受け入れざるを得ないというか、いろいろトラブルは起きるけど、「またか」的な鷹揚さを見せる人もいて、その人はこれまでに何回も修羅場をくぐり抜けてきたんだなろうな、と。


いまさら他では働けない。とりあえず働き続けられるところがあるからシアワセ。よそはよそ。もっと労働条件がいいところがあるのも知っているけれど、自分がそこに採用されるとは限らない。条件がよいところ=おいしいところに人は群がるものだから。


あとは、「隣の芝生は青く見える」理論(?)。
他の会社は良く見える。うん。でも、実際は、やっぱりいろいろあってると思う。会社に限らず、人に関しても。表には決して出てこない内部でいろいろ問題を抱えていたり。


で、タイトルに戻るけれど、今働いているその会社しか知らないというのはシアワセなことなのか、ということ。よそを知らないから比べられないし、ずっとその会社で働いていて、その水に慣れてしまって、たとえその水が多少濁っていたとしても当たり前だと思ってしまう。


そこの水でこれまでなんとか生きて泳いできたわけで、しかしながらその水からあがり、全く違う新たな水に飛びこむというのは、本当に勇気がいることで、今よりはマシになるハズ!というのは、あくまでも希望的予想であって、現実はどうなるかわからない。


私など全く違う水に飛びこんで、溺れたら……と思ってしまう。若い頃のように体力もないわけだし、新しいことを覚えるのも正直苦手だ。特に人間関係。全く知らない人に囲まれて、また1から……となると臆してしまう。あとは、年をとっていると、それだけで転職は不利だ。よほどの能力やスキルを持っているとかでなければ。


とりあえずそこで泳いでいられるのであれば、無理に水から上がらなくてもいいのかな?と。もしかしたら、会社の状況が変わるかもしれないし(友人の会社ではお局様が急に会社を辞めて、とても働きやすくなったと言っていた)、様子見をするのも一つの手だと思う。でも、ブラック沼でもう泳げない、溺れる、沈没する(身体を壊す)というのであれば、早々に逃げ出すことだ。


長くなってしまったので、今日はこのへんで。


折れない強さについてつらつらと考えた

考えたこと

いろいろなことが重なって、しかもしばらく続いて、今余裕がない。精神的にポキリと折れそうで、自分でもいつまで保つかなと思ったり。


でもまあ、簡単には折れないだろうな、と思う自分もいる。


そう遠くない過去なのだけれど、サイテイサイアクだったころが実はあって、そのときよりは今はまだマシなように思える。


「まあ深刻に考えてもしょうがないし、いつか落ち着く日は来るはずだし、ひとつひとつやれるだけやるしかないよ、」そんな風に自分で自分をなだめ、励ましているようなところもある。


結局のところ、「折れない強さ」というのは、鋼のような、周りを寄せつけないような気丈さ、頑(かたく)なさではなく、「やわらかさ」だと思っている。やわらかく、しなやかで、長く伸びる竹のような、風で多少揺れることはあっても簡単には折れない強さが私が好むところだ。
そして「落ち着いていること」。これが折れない強さの根本を支えるものだと思う。私の場合、落ち着くためには疲れすぎないこと、無理しすぎないことが重要で・・・、まあ頭ではわかっている。が、どうにもセーブするというのがうまくできない。つい仕事に夢中になりすぎてしまう。細かいところまで気負いすぎてしまっているのかもしれない。


精神的に折れそうになるのも疲れすぎているから、無理しすぎているからであって、疲れがとれれば、無理をやめれば(セーブすれば)、調子は戻るかもしれない。調子を戻すには、私の場合「寝ること」で、睡眠は重要だ。


折れないためにも少しでも体を休め、いたわり、眠ることにしよう。


ものごとに動じない人の習慣術 (イラスト図解版)

ものごとに動じない人の習慣術 (イラスト図解版)

ものごとに動じない人の習慣術 (KAWADE夢新書)

ものごとに動じない人の習慣術 (KAWADE夢新書)





言い方がきつい人や感情的に言う人から自分を守るにはどうしたらいいか考えた

言い方がきつかったり、感情的になって語気が荒くなる人は苦手だ。先日、強い口調で問い詰められて、「ぐぬぬ」となることがあった。


とっさに問われ、相手が何を言っているのかよくわかなかった。狼狽していた。そのとき感じた視線、きちんと言葉で言えない人を見下すような表情がたまらなく不快だった。


誰もが流暢に言語化できるわけではない。ましてや、強い口調で問い詰められると、平静でいられなくなる。人命にかかわるミスとか、とりかえしがつかないような失敗とか、そういうものでもないのに、何故そこまで強い口調で言うのだろう?と眉間にしわを寄せてしまう。


例えば、仕事上の責任問題に発展するから、だから問い詰めるのか。「仕事は甘くない」ということをわからせるために、キツく言うのか。まあ、そういう理由もあるかもしれないけれど、あとからゆっくり考えてみると、その人はそういう言い方、つまりキツい言い方になってしまう人なのだと、おそらく自分に対してだけでなく、他の人や他の場面でも声を荒げ感情的になっているのだと思う。その人はそういう人なのだ。そう思えるようになった。


もちろん自分のミスや失敗は謝るし、やり直したり対処したりするけれど、必要以上に落ちこんだり必要以上に自分を責めなくてよいと思う。


疲れていたり、その人自身の仕事やプライベートがうまくいっていなくて、イライラしていたりで、言い方がきつくなる場合もあるだろうし、でもまあ、その疲れやイライラはその人の問題だ。八つ当たりされるのはもちろん面白くない、というか不愉快だけれど、「ああ、そんなに感情的になるなんて余裕がないんだね。大変なんだね」と、そういう風に思うことで、だいぶ楽になった。


まとめると、
言い方がきつい人や感情的に言う人から自分を守るにはどうしたらいいか。
その人はそういう言い方が元々きつい人、感情的に言う人なのだと思うこと。
感情的になるのはその人に余裕がないから。大変だからだと思うこと。


感情的に言われたからといって、反射的に感情的に返せばケンカになりかねない。きつい言い方をされても柳の枝のように流して、相手が冷静さを取り戻したときに返事するのも有りだと思う。物理的に距離をとれるのであれば、距離をとるのも自分を守るひとつの方法だ。不快な気分にさせる人にはできるだけ近づかない。まあ一般的によく言われていることかもしれないけれど、一応忘れないようにここに書いておく。



やりたい仕事があるなら、少しでも若いうちに…。

今思ってること つぶやき

年をとると1から全く新しいことを覚え、それを仕事としてやるのは、本当にたいへんだ。体力的にも若い頃のようにはいかない。
やりたい仕事があるなら、少しでも若いうちにチャレンジしたほうがいい。私は30代でチャレンジしたのだけど、正直遅かったなあと。


どうして20代でチャレンジしなかったのか。今更そんなことを言っても仕方ないのだけれど、ずいぶん遠回りをしてしまったなあと、しみじみ思う。遠回りしたことを後悔はしていない。ブログに書くことはないと思うけれど、さまざまな経験を20代でしているので、それらの経験が30代での転職を決意させたとも言えるし、今になって思うと、20代でのさまざまな経験を30代でするのは、多分体力的に無理だと思う。


体力の問題は軽く見るべきではない。


あまり「べき」というのは好きではないのたけれど、ここでは「べき」を使いたい。普段から体を鍛えていないと体力は年々衰える。疲れやすくなり、また寝ても疲れがとれなくなる。体が俊敏に動かない。むしろ動くのが面倒になる。面倒になるから、体力はますます落ちていく。


まあ体力的には大変だけれど、精神的なものは年をとってからのほうが私の場合良い。例えば精神的な回復力。若いときのほうが落ちこみをひきずることが多かったけれど、今はひきずることがない。


精神的に安定したのは、転職したのも一因にあると思う。自分のベースになるもの、軸になるものがあると、安定するし、多少のことではブレなくなる。目標があるというのも良い作用を及ぼしていると思う。


目標があると安心できる。目標に向かって前を向いていられる。


もちろんいつもいつもうまくいくわけではないし、失敗もする。でもその失敗も経験値になる。失敗はそれを教訓にして、同じ失敗をしないようにすればいい。


やりたい仕事があるならできるだけ若いうちにチャレンジを。でも「失敗したらどうしよう?失敗したら嫌だ」そう思うのなら、やめておいた方がいい。
私はうまくいかなくても、3年はその仕事をやめないつもりだったし、3年ひたすら続けて、それでも無理だと思ったら、そのときまた考えよう、と。


やりたい仕事があるなら、少しでも若いうちに。でもコロコロと転職するのは勧めない。まあよく言われることだけれど、「石の上にも3年」というのはよくできた諺だと思う。




落ち着いていること、感情的にならないこと。

つぶやき

いつも落ち着いていること、感情的にならないこと、これは特に上司やリーダーといった立場の人は心がけておくことだと思った。


金銭が絡むトラブルがあって、その場にいた上司は怒りまくっていた。対価を払おうとしない人、常識がない人はやはりいるものだ。上司は対価を払うよう説得したけれど、その人はあれこれ理由をつけて払おうとしない。あげくには「それはそちらの都合でしょう?私は払いませんよ」と、お金を払わせようとする会社側に問題があるかのように言い出す始末。お互い感情的にヒートアップして収拾がつかない状態が続いた。


最終的にはその問題を引き起こした人の古くから知り合いが、落ち着いた態度で、「払いたくないのもわかるけれど、この場合お金は払わなくてはいけない」と説得。説得している間、怖いくらいに感情はなく、ある意味そこがポイント(駆け引き)なのかもしれないけれど、毅然としていてすごいな、と。落ち着いている人は強い。感情的にわめく人が幼く見えてしまう。上司やリーダーといったその場をまとめる、統括する立場の人は常にどんなときも落ち着いているべきで、落ちついていてこそ最良の解決方法を提示できるのではないかと。


言うべきことをきちんと言葉で伝える。落ちついて、冷静に、感情的にならずに。


感情的になれば、相手も感情的になる。ますます泥沼化するということ。


落ちついている人、冷静な人は強い。さまざまな采配をふるう人は、いつも落ちついているべきだと思う。自分に言い聞かせるためにも、ここに書いておく。


毎日チェックしたい5つのこと

毎日チェックしたい5つのこと


1.食事は偏っていないか?
2.適度に運動したか?
3.寝不足ではないか?
4.やりたいことをやったか?
5.今日の自分は笑っていたか?


以前に似たようなことを書いたかもだけど、あらためて書いてみた。
1の食事は本当に大切。つい炭水化物中心の食事になってしまいがちなので、野菜多め、できればタンパク質もバランスよく!あと、食べ過ぎない!


2の運動は、本当毎日少しでも体を動かしたい。歩いたり階段を上り下りしたりは普段もするけれど、それだけでは筋力は落ちていくばかり。腕とか特に。うちにあるダンベルをもっと活用したい!


3の睡眠は、体力回復のために必要で、あとは睡眠が足りてないとすぐに精神的余裕がなくなってしまうので、やっぱり重要。私の場合疲れやすい体質なので、やっぱり睡眠は軽んずべらかず。「疲れたら寝る」を心がけたい。


4のやりたいこと、やりたい!仕事ももちろんやりたいことなのだけれど、それだけで1日が終わってしまうのは、なんだかね……。本も読みたいし、音楽も聞きたい、ドラマも映画も見たいし、語学の勉強もしたい。1日ひとつはやりたいことをする自分の時間をもちたい(願望)


5の笑うこと。これは大事。声を出して笑いたいし、日頃から楽しいことを考えて、かつ実行したい。シリアスなのは苦手で、それよりはファンシーなほうが好き。おちゃらけ、とはまた違うんだけど、まあ似ていなくもない。イージー、気楽な感じが好きなのかも。


夜眠るとき、上記5つのことを振り返りながら、
「あー疲れた、でもやりたいことやれたし楽しかった」とか思いつつ眠りにおちたい。



転職。前職の鎧を脱いで、こだわりすぎないということ。

今、転職活動をしているけれど、転職先がなかなか決まらない人がいて、話を聞くと働く際の条件がいろいろあるようで、それじゃあなかなか決まらないのも無理はないと思った。一社から内定をもらったけれど、ひとつ譲れない条件が満たされなくて、内定を辞退したとのこと。そこまで条件にこだわるのは、どうしてだろう。転職を真剣に考えているから、とも言えるし、それだけの条件を並べるのは自分に自信があるから?条件をすべてクリアする会社がどこかにあると思うから?私はその人ではないのでよくわからないけれど、前職でバリバリ働いていたという自負(プライド)がそうさせているんじゃないかな、と。



でも、前職は前職で、労働条件はその会社その会社で違うものだし、前職の条件より良い条件を求めるのもわかるけれど、その人の場合、基本的に新人と同じ扱いで雇われるタイプの転職だから、前職のことは忘れて、1から覚えるつもりで……と思うのだけれど、その人は「これまで自分はこういう仕事をやってきた」「自分はこういうスキル(技術)があるんです」「だから、これとこれの条件だけは譲れないんです」という気の強さが見え隠れして、なんというか、その強さが転職を難しくしているのではないか、と。


スキルや経験はある人なので、会社としてはほしい人材ではあるけれど、でも働く前からあれこれ条件を出されると、雇いたいとは思わないのではないだろうか。



もちろん、自信がなくて、「この人ちゃんと仕事できるの?」と不安になる人よりはいいかもしれないけれど、上で書いた人のように前職の鎧を着たまま対峙されても困るのが雇う側の本音だと思う。


鎧を脱いで、まずはそこから。


私の経験からすると、転職したら、0になると思う。それまでの経験やスキルは多少は役にたつこともあるかもしれないけれど、基本的には丸腰になると言っていいと思う。ルールは会社によっていろいろだし、新たに防具や武器を見つけて、自分なりの戦い方をひとつひとつ身につけていくしかない。初めてのことばかりで失敗もするし、痛い思いをすることもあるし、悔しいこともある。でも、まあそういうのはたいてい一過性のものだから、気にしないほうがよい。雨の日や嵐の日はあるものだ。うまくいかない日もある。疲労困憊して泣きたくなるときも。でも、それに振り回されてしまうのは、よくないと思っている。体や頭の力を抜き、楽になること。ゆるめること。こだわりすぎないこと。


転職したら何もかもが変わる、人生が薔薇色になる、なんてことは、まずないと思う。転職したらしたで、苦労は出てくる。だからこそ、転職先の条件にこだわるのかもしれないけれど、こだわりすぎると、うまくいかなくなると思う。まあ、縁とかタイミングもあるし。今思ったのは、一方的においしい情報(例えば求人情報とか)を欲しがる人は、敬遠される。なにか情報を引き出そう引き出そうとガツガツキリキリしている人には近づきたくないと思うのは、私だけではないはず。


で、言いたいことを一文にすると、転職は、前職の鎧を脱いで、こだわりすぎないということ。そんな感じかな。転職は、本当にケースバイケースなので、ここに書いたことが参考になるかどうかわからない。でもまあ残しておくことにしよう。