今年はのんびり、家の中で心地よく過ごせる方法を探す。

今年の抱負というわけではないのだけれど、
今年は少しのんびりしてみようと思う。
コロナ禍でなかなか外を出歩けないわけだし、
家の中で心地よく過ごせる方法を探そうと思っている。


部屋の電気が暗いのが気になり始めて、
さっそく変えた。
LED電灯だから長持ちするだろうと思っていたら、
そんなことはなかった。そのLED電灯はハズレだったのかもしれない。(溜息)


ラグ(敷物)も思い切って変えた。
敷物やマットは汚れるし、洗濯の手間暇を考えたら敷かないほうがいいと言う人もいるけれど、
私は何か物を落としたとき、床に傷がつくのが嫌で、あちこち敷いている。床の保護になっていると思っている。


クッションは新しいものを買った。
以前買ったものがすっかりへたってしまったので。


こういう感じで、身のまわりのものを少しずつ整える、それが意外に楽しくて、
「とりあえず使えればいいや」ではなく、
それを使っていて心地いいかどうかその視点を忘れないようにしたい。
一方で
まだ使えるのに捨てるのはもったいない」という視点も大事だと思っていて、
捨てる、捨てないの判断は、まぁケースバイケースだったりする。
壊れてもう使えないものみたいだとすっきりきっぱり捨てられたらいいのだけど、
そうじゃないものを捨てるのは、なかなか勇気がいる。あとから「あー、あれ捨てなければよかった!」と思うものがこれまでいくつもあったりする。なかなか買い直せないものは要注意だ。


話を戻して、
冒頭でも書いたように、
今年は少しのんびりするのもいいんじゃないかと思っている。
去年は本を読んだり、インプットらしいものをできなかったので、
今年はさまざまなジャンルの本を読んだり、英語でミステリーを読んだりしたい。
今読んでいる本↓

アガサ・クリスティ―の『スタイルズ荘の怪死事件』を読んでいるのだけれど、いやはや、読み進まない進まない。もうびっくりするくらい進まない。英語は手ごわい。英語独特の表現に頭の中がかき混ぜられまくりだ。


本を読んだり、インプットを増やすと、自然とアウトプットも増えていくんじゃないかと思っている。


思考を備忘録的、雑記的に残すためのブログ

ブログ、特に個人のブログは、比較的自由に書くものだ。
書かれたものは、読みたい人が自由に読むのだけれど、
やはりある程度の共感とか興味を持ってもらえるものでないと、読み続けてもらえないものだと思う。


もちろん個人のブログで、趣味で好きで書いているのだから、
別に誰にも読まれなくても、それはそれでよいと思う。


ただ、人の根底にある承認欲求というものは、なかなか消し去ろうにも消し去れないもので、
せっかく書いたのだから誰かに読んでもらいたい
となるのは自然で、
だからこのブログでも書いたことがあるかもしれないけれど、
ブログを更新したら更新したとTwitterなどで知らせるのがよい。
フォロワーの方が、もしかしたら読みにきてくれるかもしれない。
自分としては、淡々と更新して、淡々と読まれる感じが好みだ。


今はもうブログは流行っていないようにも思うけれど、
でも、私としては、それはどうでもいいことで、
流行っているとか流行っていないとか、そういうことには関係なく、
書きたいことがあれば、書くし、
書けないときには、書かないし、
本当に自由でいい。
だからブログが好きなのだと思う。


ブログに書く内容も無理して書く必要はなくて、
書きたいこと、無理せず書けることを書けばいい。
自分の思考を備忘録的、雑記的に残すためのブログであってもいい。


別にネットに公開しなくてもいいし、
ブログを公開するしない、それも個人の自由だ。


自分としては、せっかく好きなように書ける場があるので、
ゆったりのんびり書いていきたい。



読んだ本『シャーロック・ホームズと見るヴィクトリア朝英国の食卓と生活』

シャーロック・ホームズを読んだことがある、ヴィクトリア朝(1837年~1901年)英国に興味があるということで読んでみた。
ヴィクトリア朝時代の英国の食事情を中心に当時の生活のことが細かく紹介されていて、面白かった。

第1章 食材と生活用品
第2章 英国食糧事情
第3章 お茶の時間
第4章 シャーロック・ホームズと英国料理
第5章 アルコールと生活
第6章 ヴィクトリア朝の生活と文化

この中で、印象に残っているのが
第2章にあった『アヘンと乳幼児の死亡率』について書かれたところだ。

もちろん現代と違って死亡届を出しにきた親は「ゴドフリーの強壮剤」などのアヘン入りシロップが乳幼児に害を与えるとは思っておらず、なくなる前の症状だけ、「痙攣をしたあとに死んだ」又は「生まれてから元気がなくミルクも飲まなくなった」とでも戸籍登録官に説明をしたのでしょう。
シャーロック・ホームズと見る ヴィクトリア朝英国の食卓と生活より

アヘンの歴史的な問題は聞いたことがあるけれど、「アヘン入りゴドフリーの強壮剤」については初耳だった。

『19世紀を通していろいろな種類のアヘン入り薬に人気があり(というより、労働者階級は医師にかかることができないので薬剤師に相談して薬を買っていた)、「1908年にアヘン入り特許薬の販売が禁止」されるまで、ヨーク市の労働者の貧困層から最上地区の家庭でも乳幼児に使用していたからなのではと考えられます』
シャーロック・ホームズと見る ヴィクトリア朝英国の食卓と生活より

アヘンは当時薬として使われていたそうで、このアヘンが清で栽培されている様子が中国ドラマ『月に咲く花の如く』の中でも出てくる。




第3章によると、ヴィクトリア朝当時コーヒーや紅茶、それにチョコレート(飲み物)が飲まれていたようで、
チョコレート・ポットと言われるものと攪拌棒を使って作られていたそうだ。

ポットの蓋にある穴に差し込んだ攪拌棒を上下させてチョコレート(ペースト)とお湯(卵と牛乳を入れることもあり)を混ぜ合わせてチョコレート(飲み物)が完成です。
シャーロック・ホームズと見る ヴィクトリア朝英国の食卓と生活より

この攪拌棒で混ぜてチョコレート(飲み物)をおいしくつくるのは難しかったようで、

チャールズ・トリージリス卿のように、おいしいチョコレート(飲み物)が飲めないという嘆きも、
1828年にオランダのクンクラート・ヨハンネス・ファン・ハウテン(バン・ホーテン)が脂肪分のごく少ない粉末チョコレートの製法の特許をとって、現在の「ココア」の販売を始めてからなくなりました。
シャーロック・ホームズと見る ヴィクトリア朝英国の食卓と生活より

それ以来、カカオ粉末とお湯で混ぜて作る手軽な飲み物になったようだ。


当時の食事情を知るとともに、コーヒーやお茶、ココア、ビール、ブランデー、砂糖、缶詰などの歴史も紹介されていて、どれも興味深い。


旅行に行けないので

コロナ禍の今、旅行に行けないので、
こういう本をよく眺めている。

世界の絶景 超完全版

世界の絶景 超完全版

  • 発売日: 2020/11/20
  • メディア: 単行本
日本の絶景 超完全版

日本の絶景 超完全版

  • 発売日: 2020/11/20
  • メディア: 単行本
日本はもちろん、世界には本当にきれいなところが行きつ尽くせないほどあるのだなぁとしみじみ思うわけで、
きれいな写真を眺めながら、
本当ならたくさんの観光客が訪れるところが、今は閑散としていたりするのだろうな、と。


今は旅行に行けないけれど、
もしコロナが終息して、どこか旅行に行くとしたらどこがいいだろう。
日本だったら、どこ?
海外だったら、どこ?
ひとつにしぼるのはなかなか難しいので、3か所くらい行きたいところを妄想したりしたい。(3か所にしぼるのも、なかなか難しそうだ)


夢中になれるもの探し

こういうコロナ禍で、
ニュースを見ることも多いのだけれど、
ニュースを見ることで知らず知らずのうちにストレスを溜めていることに気づいて、
ニュースを見ること以外のことに目を向けよう、そう思うようになった。


頭を切り替え、何か夢中になれるものをしよう。
何か夢中になれるものを探そうと今思っている。


今一つ思い浮かぶのは、ミステリーを読むことだ。
別にミステリー小説でも、ドラマでも、映画でもいい、
とにかくその世界に没入したいというか、没入している。
ミステリーの場合、トリックが明らかになったときの爽快感が快感で、
すっかりハマっている。
人の機微や心理を読み、うまく罠にかける(多くは復讐のために)そういう話は面白いと思う。


ひとつのことにずっと意識が向いてストレスが溜まる状態はよくない。
意識を他のことに無理にでも向けて、気分転換、頭を切り替える必要性を最近特に感じている。


まだ未読なのだけれど、読んでみたいマンガ(ミステリー漫画)があって、

ミステリと言う勿れ コミック 1-7巻セット

ミステリと言う勿れ コミック 1-7巻セット

  • 作者:田村由美
  • 発売日: 2020/09/10
  • メディア: コミック
今7巻まで出ているのかな。
ネットで調べてみたら『ボリューミー天然パーマの大学生、久能整が記憶力と観察力、推察力で事件を解決する。』話らしいのだけれど、面白そうだ。


そういえば、何年か前はベネディクト・カンバーバッチの『SHERLOCK』にハマっていたので、
ミステリーにハマる素養はその頃からあったのかも。



レシピどおりに作ってみた

料理をするとき、
初めて作る料理でもないかぎり、
目分量で調味料を投入することが多い。
(味見は何度もする)


たまには、ちょっと変わったものを作ってみようと思い、
図書館で借りた料理本を見ながら、
レシピどおりに作ってみた。
材料の分量もレシピどおり。
調味料の分量もきちんと計量スプーンで計った!(おお!)
まちがえてはいないのに、
できた料理はおいしくなかった!!!


レシピどおりに作って、おいしくないとかどういうこと⁉


ふと『きのう何食べた?』に登場するタブチくんの彼女、千波さんを思い出してしまった。


どうおいしくなかったかというと、
味がうすくて、魚独特のくさみ(?)が抜けてなくて、
レシピには料理酒とかショウガをいれるとかそういう指示はなかったのだけれど、
もし、もう一度その料理にチャレンジするとしたら、料理酒やすりおろしショウガを入れる。
あと、しょうゆとかみりんとか調味料ももっと入れる。(ただしどれくらい入れたらいいかわからない)


料理本レシピどおりに作っても、おいしくできないこともあるんだな、とちょっとびっくりした。
鵜呑みキケンってことかな。



頭痛と睡眠の関係

朝起きた時から頭が痛くて、
ふと睡眠が足りていないせいではないかと考え始めた。


寝るのが遅かった日の翌朝、頭痛が起きることが多いことに気づいた。(あくまでも私の場合)


とにかく朝から頭が痛いのは困る。
頭が痛いと憂鬱だし、何もしたくない。


今年は、日付が変わる前、つまり深夜0時までには必ず寝るようにしようと思う。
できれば午後11時くらいがベストなのだけれど、
私は夜型なので、なかなか難しいかも。
とはいえ、お風呂に入る時間を早めたら、寝る時間も早くなるかもしれない。


お風呂に入る時間を早くするには、晩ごはんの時間を早くする必要がある。


さっそく今日から晩ごはんを早めにして、
お風呂も早めに入って、
早く寝るようにしよう。