読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログは最初は面白くなくていい。更新しすぎないほうがいい。

ブログは最初は面白くなくていい。更新しすぎないほうがいい。


どうしてかというと、ネタがいつか尽きるから。
ブログが始まった頃〜3ヶ月くらいまでは、ほぼ毎日更新で面白かったのに、月日か経つにつれだんだん面白くなくなっていく、というのは割とよくあるパターンだと思う。
そのうち他のブログ記事の揚げ足取り的な記事を見かけるようになったり、自分の過去記事を引っぱり出して1記事にパッチワークしたり、なんというか、ああネタ切れなんだろうな、と。


いつも新しい話題、人を引きつける記事というのはなかなか書けるものではないと思う。まあプロだったら書けるかもしれないし、書くことを期待するけれど、個人でやっているブログだったら、気負わなくていいと、つまり気楽にやるのがいいかと。そもそもどんな記事がウケるかとか需要があるかとか考えて書いても空振りすることの方が多いし、だいたい面白い記事というのは自分の発想の外にあって、無理やり面白く書こうと思っても滑るだけだ。


面白いと思うかどうかは人それぞれ感覚が違うし、無理に面白く書こうとしなくていいと思う。もし面白そうなネタがあるなら、小出しで、「出し惜しみ」するくらいでいい。短く燃え尽きてしまうのではなく、コンスタントに更新されて次が楽しみになるような、細く長く続くブログが好きだ。このブログもそうありたいと思う。