読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の考えを言葉ではっきり言える人に憧れる。

考えていることはいろいろあっても、言葉にするのはなかなか難しく、実際に文章や発言にする前に、つまり誰もが読み聞きできるような状態にする前に、うやむやになってしまうことのほうが多い。なので、自分の考えを言葉ではっきり言える人に憧れる。


「的確に言葉にできる」というのもすごいことだし、人前で「はっきり言う」というのもなかなか勇気がいることで、その両方を兼ね備えて、それでいて特定の人を批判したり威張る様子がない人は良いと思う。あくまでも淡々と自分の考えを披露する感じが好きだ。私自身もそういうスタンスでありたい。淡々と我が道を行きたい。


以前は「こういうことを書いたら、どんな風に思われるだろう?」と考えてしまって書けなくなることが多かったのだけれど、読み手がどう思うかは想像でしかないのだから、必要以上に気にしなくていいのでは?と思うようになった。勿論、配慮は必要だと思う。不特定多数の人が読むものに書いてはいけないことはあるし、書かれて嫌な気持ちがするものは書いてはいけない。嫌な気持ちになるとかならないとかそんなことを考えていたら、書けなくなる、という意見も出そうだけれど、やっぱり配慮や内容のコントロールは必要だ。はっきり自分の考えを言う(書く)とはいっても、なんでも書いていいわけではない。


様々なこととうまく折り合いをつけながら、コントロールしながら書いていく。これからも淡々とコンスタントに更新できたらよいなと思う。また、これからもそういうブログを読むようにしていきたい。はっきりとその人の考えが鎮座したブログは心地いい。そして、コンスタントに更新されるブログは、いつ更新されるか全くわからないブログより魅力があると思う。