読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログの反応について考えてみた

ブログ 考えたこと

ある本の中で文章を書く際「白黒はっきりさせること」を推奨していたのですが、白黒、あるいは好き嫌い、賛成反対をはっきりと表明するということは、反応もそれ相応のものが来るのを覚悟しておかないといけないんじゃないかな、と思ったわけです。白黒はっきりした文章は人を強く刺激します。刺激的な文章は印象に残りますが、コメントと言った反応もまた強く、ブログの場合それに対応できるか、あるいはスルーできる余裕がないとちょっとつらいかなと思います。書く人はひとりで、読む人は複数ですし。攻撃的なコメントが次々と来て、それがきっかけで閉鎖してしまったブログは少なくないと思います。


以前このブログでも書いたことがありますが、私など曖昧loverで、別に無理に白黒つけなくてもいいんじゃないかと思うタイプで、強い意見は言えなかったりします。でもまぁそれも個性ですね。まったく自分の意見がないわけではなく、一応意見はあるのですけれど、それをババーンと表に出せないこと本当に多いです。こんなブログを書いていてあんまり説得力ないですけど。


個人のブログだし、自分のスタイルで書くのが一番いいんじゃないかな。白黒はっきりと書くのが好きな人はそのスタイルで、グレーな感じも有りだと思います。ブログを続けていると、私みたいなグレーな感じが好きという人も出てきて嬉しいです。


反応はまったくなければそれはそれで書く気をなくしますが、たまに反応があるくらいが気楽でいいかもしれません。