読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えたこと

他者に対してマイナスの可能性、ネガティブな結果予想ばかりするのはどうしてだろう。

その人自身が心配性なのかもしれないけれど、単純に心配性なだけどは思えないくらい、マイナスの可能性、ネガティブな結果予想ばかり口にする人がいて、正直言って辟易している。辟易するのは、もしかしたら、私が楽天的で、おおざっぱ、「まぁ大丈夫だろう…

折れない強さについてつらつらと考えた

いろいろなことが重なって、しかもしばらく続いて、今余裕がない。精神的にポキリと折れそうで、自分でもいつまで保つかなと思ったり。 でもまあ、簡単には折れないだろうな、と思う自分もいる。 そう遠くない過去なのだけれど、サイテイサイアクだったころ…

「仕事はできるけど、いっしょに仕事をしたくない人」について考えた

「あの人は仕事はできるんだけど、同じチームにはなりたくない(いっしょに仕事をしたくない)んだよね」という話を聞いて、どういうことだろう?と思っていたら、どうやら「その仕事ができる人」は経験もあるし、他の人が4〜5時間かかる仕事を2時間で終わら…

電話をいきなり切る人について考えたこと

いきなり電話を切る人(仮にAさんとする)がいて、なんとも後味が悪く眉間にしわを寄せることがしばしばある。 昨日の電話は Aさん「△△が何度やってもエラーになるんだけど・・・」 私「ああ、それは××してますので、○○したら、たぶん大丈夫です」 Aさん…

自分を否定する自分からの卒業

能力的な限界を感じたり、どうしてこんなにダメなんだろうと自分に自信が持てなくて、自分で自分を否定することもしばしば。時に拒絶に近いくらいの嫌悪感を持ってしまうこともある。 すぐにその思考は危険だと打ち消すのだけど、どうしてこう自分に寛容にな…

失敗恐怖症を克服するということ

今までミスや失敗で凹むことが多い人生だったなあと、珍しく振り返りながら思ったわけで。 凹みからの復活は以前より早くなったけれど、失敗する怖さ恐怖にいつも付きまとわれストレスは日々溜まり続ける一方で。 私の場合、元々完璧主義というか完全主義っ…

努力してもうまくいかない上に嫌われることがあるということ

どんなに頑張っても努力してもうまくいかなくて、さらには嫌われることがあるということ。かなりつらいことだけれど、ずっと思っていたことなので、落ち着いて言葉にしてみようと思う。特定うんぬん個人情報うんぬんを考慮して具体的にではなく抽象的に少し…

良いほうに解釈するということ

優しく大切に育てられ、周りから好評価を受けてきた人は優しいし余裕があるように思う。 余裕があると、いろいろな言動を「人は良いほうに解釈してくれる」と思う傾向があるのではないか。もちろん個人差はあると思うけれど。 良いほうに解釈するというのは…

感情的な言葉に感情的な言葉を脊髄反射的に返さないということ

人それぞれ価値観は違う。正反対な意見がぶつかることもある。 最近「たとえ意見がぶつかっても、ぶつかり合うことで良い方向へ向かうのなら、ぶつかることから逃げてはいけない」そう思うようになった。まずは相手の言い分を聞く。 相手の立場、状況を考え…

専門書を読むということ

専門書を読むと、次から次へと「知らないこと」「よくわかっていないこと」が出てきて、泣きそうになる。 どうして泣きそうになるのか。 自分の専門知識の無さは既にわかりきったことだから今更泣く必要はない。 専門という世界の深い淵の入り口に立って、そ…

仕事を効率よくやるために考えたこと

「仕事は早い?遅い?さあどっち?」と聞かれたら、まちがいなく遅いほうでしょう。丁寧な仕事を心がけていて手を抜きたくないというのは前にもどこかで書いた気がします。 以下、仕事に関することなので抽象的に汎用性を考慮した文で書いてみたいと思います…

伝えたいことを的確に伝えるにはどうしたらいいか考えた

口頭で伝えるのが苦手だ。特に複数の人に伝える時、表情を見てうまく伝わっていないように感じてしまう。 察しのいい人ならだいたいわかってくれる。けれど察しがいい人ばかりではない。 さっき言ったことなのにあとから質問されて、「え?言っていることが…

落ちこみを引きずらないためにはどうしたらいいか考えた

ブログを書いてそれに関して落ちこむことがあったけれど、もう引きずってはいない。 「たまにはこういうこともあるよ」「これで終わりじゃない。ブログはまだまだ続くのだから、大丈夫」と自分に言い聞かせる。とにかく自分に言い聞かせるのも落ちこみを長引…

人がいないということ、人が少なくなるということ

「(仕事で)こういうことができる人を探してるんだけど、なかなか見つからない」という話を聞いて、地方は人がいないんだなあとしみじみ思うことがあった。 私が思うに、その人が言っている「こういうことができる人」は仕事や会社がたくさんある都会へ出て…

「温度差」について考えてみた

連絡したのに相手から連絡が来なくて不安になることはないだろうか。今、連絡が来なくてモヤモヤしている。 今回の場合、私にとって重要でできれば早く連絡がほしいのだけれど、相手にとっては重要でも急がないといけないことでもなくて、つまり「温度差があ…

「私がブログで発信する、発信し続けるのはどうしてか」その理由を考えてみた

「私がブログで発信する、発信し続けるのはどうしてか」その理由を考えてみた。 ブログは今の時点で生きていることの証明でもあるし、でも生きていることの証明ならブログでなくてもいい。ブログにこだわるのは、ある程度のまとまった量の文章を届けたいから…

ブログを続ける理由

ふと考えた。どうしてブログを続けているのだろうか、と。 まあ書くのが好きだから書いているだけ、とも言えるし、誰かに読んでもらいたいから書いている、とも言えるし、なんだかんだ言っても自分のために書いているような気もする。自分が満足するから、書…

後輩、部下(家庭であれば子ども)が間違えたり失敗した時どう対処するか。

後輩、部下(家庭であれば子ども)が間違えたり失敗した時どう対処するか考えてみた。 誰でも間違えたり失敗することはあるのだけれど、毎回解決策を考えたり手伝ったりしていると、相手はそれに慣れてしまい、いつも「教えてもらうこと」「してもらうこと」…

思考を変える

「どうして〜できないんだろう?」と考えることが多い。 例えば「どうして仕事が進まないんだろう?」「どうしてこんなに時間がかかるんだろう?」「どうしてうまくいかなかったんだろう?」「どうしていつも忘れ物するんだろう?」といった「どうして」「ど…

外海で力を発揮できる人、できない人

私が今いるのは、内海だと思う。 ぬるま湯に浸かっているとも言える。 ぬるま湯に浸かっているので、 「ハングリーさがない」と言われれば、確かにそうかもしれない。 ものすごく好きなこともなければ、 ものすごく嫌いなこともない。 私は白黒つけたがらな…

「これから」のこと

今年も残り一週間。やり残したことばかり。 いろいろやりたかったことはあるけれど、どうせなら「これから」のことを考えたほうが建設的で良いのではないかと思った。 「これから」というか「これまでも」だけれど、これまでと同じく静かにマイペースを保っ…

自分軸の変化

本を読むと、さまざまな考え方に出会う。 頷くときもあるし、首を傾げるときもある。 私は思った。頷くことより「首を傾げる」ことのほうが大事なのではないか。 「首を傾げる」ということは、イコール「賛同できない」ということ。どうして賛同できないのか…

本の文章、ネットの文章

毎日晩ごはんのあとは読書タイムにしている。 本を読んで目からウロコが落ちたような、そんなことがあった。ポロリ。ウロコが落ちて、視界がクリアに。これまで私にはなかった考え方に衝撃を受けた。ああ、そういう考え方もあるのか!と。 筆者の考え方を伝…

気にしすぎるということ

どうしてあの人はあんな表情、態度をとったのだろう? どうしても気になることが最近あった。 一瞬の戸惑いの表情、そして私とは話をしたくないとも受け取れる表情。全身で私を避けようとする態度。私の言ったこと、やったことの何かがAさんのしゃくにさわっ…

わからなかったものがわかる瞬間

久しぶりに好きなアーティストの曲を聞いた。 言葉の、フレーズのひとつひとつが心にしみる。ものすごくわかる。 自分よりだいぶ年上のアーティストの作品だ。 以前はこの作品の良さが本当にわからなかった。わからないまま放置していた。 わからないものを…

本音と価値観、関係を良好に保つということ

自分の本音を隠すことなく発言することで生じる軋轢、ありますね。本音をポンポン言うとスッキリするというのはあります。ただ、スッキリするけれど、ストレートに本音を言われてカチンとくる人もいる。例えば「なんで○○さんはいつも時間にルーズなんだろう…

流暢に言語化できるようになりたいということ

言葉を知らない、知っている語彙が少ないのは、普段接している言葉(語彙)が少ないからだろうな、と思ったわけで、まぁ語彙が少ないのは私自身のことなのですけれど、今のところ語彙が少ないことで不便はないといえばないわけで、しかしながら必要最低限の…

本から得られるもの、得られないもの。

本の整理をしながら考えたこと書いてみようと思います。「よくまあこんなに本を買ったものだなあ」と。 本の整理と言っても作家別、ジャンル別に分けるくらいのことだったのですが、ジャンル別に分けるとわかってきますね。自分の興味関心の範囲が。 これだ…

漠然と生きたくないということ

近々転職する友達と話をしていて、思いました。 転職を決めた友達を応援したいな、と。 今の仕事も嫌いではないけれど、Aという仕事に前々から興味があって、チャンスがあればやってみたいと思っていたそう。不安はもちろんあるけれど、でもその仕事をやって…

怒っている人の状態について

声を荒げて、攻撃的な口調のAさん。普段は言葉数も少なく、動きはいつも省エネモードだ。その彼女がなんとも珍しい。やっぱりいろいろ不満があるんだなあ。 怒っている人は、精神的に余裕がない状態なのだと思う。いろいろと我慢して限界を超えてしまったと…

結果を求めるということ

「成功って何だろう?」と考えることがある。 成功とは「結果を出すこと」なのかな、と今の私は思っている。目に見える結果。誰もが見てわかる結果があってはじめて「成功した」と胸を張って言えるのかもしれない。 「こんなことをしたら、こんな感じになり…

あの人の話はどうしてわかりにくいのか、その理由を考えてみた

だいたいいつも話がわかりにくい人がいて、「この人の話はどうしてこんなにわかりにくいんだろう?」とその理由を考えてみました。 「この前、○○でやってたイベントに行ったんだけど、そこにプロの俳優の人も来てて、その人の話というか演技がすごくて、こう…

めんどくさい仕事こそ経験値があがるのにね

とあるめんどくさいちょっと難しい仕事をすることになりました。 めんどくさいと言っても仕事は仕事。多少難しくてもやるのが仕事。お願いされたら引き受けるのが筋だと思うのですが、担当することになった人が「私には無理」と諸手を挙げてしまい、結局、そ…

いくら良い人でも主体性のない人、ビジョンのない人はつまらない人に見える

とあるドラマを見ていて、どうしてそのドラマが面白く感じられないのか最近よく考えるのですが、頭の中を整理したいので書いてみます。 1.主人公が良い人すぎてつまらない 性格は良いのです。苦労を知っていて働き者。文句も言わないし、真面目。いろんな人…

ブログの反応について考えてみた

ある本の中で文章を書く際「白黒はっきりさせること」を推奨していたのですが、白黒、あるいは好き嫌い、賛成反対をはっきりと表明するということは、反応もそれ相応のものが来るのを覚悟しておかないといけないんじゃないかな、と思ったわけです。白黒はっ…

お金がかからない趣味について考えてみた

「お金がかからない趣味ってなんだろうなぁ」とふと思った。 わたしの場合、ブログが趣味で、これはお金がかからない趣味だと思う。(有料オプションをつければ多少の出費にはなるけれど) 他に思い浮かんだのは読書で、図書館で本を借りれば、書籍代はかか…

NGワード、人のウィークポイントについて考えてみた

人によってNGワードってあったりしますね。そのことについて考えてみたので、ちょっと書いてみます。 たまになのですが、誰かのNGワードと知らずにさらっと言ったり書いたりしてしまって、「えっ、まずかった?!」ってなることあります。そういう経験ありませ…

どうして冷凍庫に入ったりするのか考えてみた

あなたの仕事も人生も一瞬で変わる 評判の科学作者: ジョンウィットフィールド,John Whitfield,千葉啓恵出版社/メーカー: 中経出版発売日: 2013/04メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る ギリシャで放牧者の村人を研究しているサリー・イングル…

コンプレックスを解消することについて考えた

まぁどんな人でもコンプレックスや気にしていることってあると思うのですよね。わたしにもあります。で、放っておいても別にいいといえばいいのだけれど、時々チクチクと刺激されて、その刺激をなかなかスルーできなくて、「ううー」と反応。刺激を受けるた…

影響力とかバイアスとか

今日「投げられた質問に簡潔に素早く答えられるようになりたい」と思うとともに、答えたことによる影響についても考えてしまった。質問はとある教育機関についての質問で、わたしが知っている範囲内でその教育機関について説明したところで、あとから思った…

知っていることが増え、判断が変わる、考え方が変わる、そんな瞬間

知らなかったことを知るのは本当に刺激があって面白い。増えた知識は確実に自分の見方を変える。「簡単に変わりすぎ」と言われそうだけれど、変わってしまうのだから仕方ない。世界の流れを知ると、正確には世界の流れの一部を知って思ってしまった。「日本…

会話を続けるためにうまく質問しよう(9つの質問パターン)

なかなか話が続かなくて困るという話を最近耳にしたのですよね。会話が続かないということは言葉のキャッチボールができないということ。まずは「言葉を投げる」「相手に質問する」ところからはじめるのがいいのではないかと。 趣味とか相手が好きなスポーツ…

人前で話をする際、気をつけたいこと

先日、ある人の話を聞いたのだけれど、言いたいことが多すぎて、結局何が言いたいのかわからないということがあった。 以下、人前で話をする際、気をつけたいことをメモしておく。 1.話しながら思い浮かんだことを次々に口にするのはやめる 話が長くなって…

ぼーっとすることに罪悪感を感じるほどの自己啓発中毒

ふと、ある人を思い出すことがありました。ぼやかして書きますが、その人は大学を卒業して十年以上経っているのに、今もその卒業した大学をコンプレックスに持っているらしく、心の声はこう呟くのでしょう。「本当ならもっと偏差値の良い大学に行けたはずな…

自分の十年後考えたことありますか?

というわけで、自分なりに考えてみた。 自分の十年後。 十年後何をしているかなぁ・・・。 まず思ったのは、仕事しているだろうなぁと。 今やっている仕事を。 仕事は十年続けて見なければわからないものがある。 仕事を十年続けてわかることがある。 「SAMU…

「買いたいと思う服がない」そこから考えたこと

今日「よし、服を買おう」そう思って街へ出たのですが、いやはや見れど見れどピンとくる服がない。足が棒になるくらい歩いたのですが、なんというか着たいと思う服がない。買いたいと思う服がないのです。たまたま今日出会えなかっただけかもしれませんが・…

自分の内側を満たす(満足する)ということ

自分の内側を満たす(満足する)ことについて考えてみたのですよね。「満足するのはどういうとき?」とか「どういうとき不満?」だとか。 例えば、ブログについても書きたいことが書けたら満足で、逆にブログが思うように書けなかったり、自分のやりたいこと…

失敗についていろいろ考えてみた

以前「失敗してしまってすごく落ちこんでいる」というメールをもらったことがあって、そのとき 失敗したとき どうすればよかったのか どうしなかったから怒られたのか どう変えていけば、失敗しないようになるのか そこのところをはっきりさせることからはじ…

いつだってどこにだって孤独は存在する

「1日おきにブログを書く」という目標みたいなもの(2013年にやりたいこと「一日おきにブログを書く」)を書いてしまったので、とりあえず書いてみることにする。 1.ゴールのない世界 ゴールを設定してないとなかなか続かないというのはある。 語学の勉強…

時間をマネジメント

時間をマネジメント と書くとなんだかカッコイイ感じがしますが、要するに自分の時間は自分でちゃんとマネージメント(管理)しようということ。時間を管理するというか、自分の行動を管理、コントロールしようと書いた方がいいかもしれません。 ちなみに今…